【フェルミ推定】日本にコンビ二はいくつあるでしょう? | 新卒就活.com

2016/08/22更新

【フェルミ推定】日本にコンビ二はいくつあるでしょう?

n13

就活生及び就活を控える学生の皆様こんにちは。就活クイズをお届けいたします。今回は、外資系企業等で出題傾向のあるフェルミ推定に関する問題です。それでは早速始めましょう。

問題

日本にコンビニはいくつあるでしょう?

制限時間

15分

利用可能な道具

紙、ペン

解答

4万8742店

参考 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会 コンビニエンスストア調査月報(2013年9月)
http://www.jfa-fc.or.jp/folder/1/img/20131021151601.pdf

解説

【前提】
コンビニは、人口密度に応じて出店していると仮定します。

今回は、東京都内のコンビニの数を面積ベースで求め、その数を「日本の総人口÷東京都の人口」倍することで答えを求めます。

また、東京都内のコンビニの数は、「東京都の面積(平地)」÷コンビニ1店舗あたりの面積で求めます。

【東京都の面積(平地)】
まず、東京都の面積(平地)を求めましょう。

東京都の面積は、南北線で赤羽岩淵から多摩川駅まで約1時間、東西線で葛西から奥多摩まで約2時間かかります。

電車のスピードを平均時速40kmとすると、東京都は縦40km、横80kmの長方形とみなすことができ、東京都の面積は40×80=3200(平方km)と計算することができます。

東京都の山地は約25%のため、東京都の平地は3200平方kmの75%で2400平方kmと見なします。

【コンビニ1店舗あたりの面積】
次に、コンビニ1店舗あたりの面積を求めます。東京都内の一般的な地域で1駅約3店舗、渋谷や新宿などの都心の繁華街では1駅約数十店舗あるため、東京都内のコンビニ1駅につき8店舗あると仮定します。

時速40kmの電車で1駅間隔3分とすると、1駅区間は2km、2km四方の4平方km中に8店舗コンビニがあると仮定し、コンビニ一店舗あたりの面積は、4平方km÷8(店舗)=0.5(km)となります。

以上により、0.5平方kmあたり1店のコンビニがあると仮定できるため、東京都内のコンビニの数は、2400平方km÷0.5(1店舗当たり面積)=4800(店)となります。

【日本の総人口÷東京都の人口】
次に、日本の総人口÷東京都の人口を求めます。日本の総人口は1億2000万人、東京都の人口は1300万人と仮定します。

よって、日本の総人口÷東京都の人口は1億2000万(人)÷1300万(人)=9.2となり、4800(店舗)×9.2=44,160(店舗)。

上記のフェルミ推定による、日本のコンビニの数は44,160(店舗)となります。

考察

いかがでししたでしょうか?フェルミ推定は、グループワーク等で出題する企業が増えてきているように感じます。就活の選考で出題されてびっくりしないように、予めいくつかチャレンジしてみて、慣れておくといいと思います。それでは、皆様の就活がうまくいくことをお祈りしております。