【例文あり】大学の経験を活かす!自己PR一覧 | 新卒就活.com

2016/08/22更新

【例文あり】大学の経験を活かす!自己PR一覧

hand-944307_640
就活の自己PRでは、大学生活の経験を話す機会が頻繁にあるでしょう。自己PRはなかなか作りづらいものです。作成する際、どのようなポイントを押さえる必要があるのか、ご存知でしょうか。
ここでは、例文とともに大学生活の経験を活かす方法についてまとめます。

自己PRでは企業にアピールできるような経験を探す

そもそも、自己PRとはどういった意味があるのでしょうか。
面接官は、就活生の自己PRの際、以下の項目をチェックしています。

~面接官がチェックしている項目~
・企業が求める人材とマッチングするのか
・入社後活躍を期待できる能力があるのか
・プレゼンで相手に伝える能力があるのか

そのため、自己PR では目指す企業にアピールできるような経験を話す必要があるのです。

企業・業界研究からマッチングを図ろう

ただ経験を話すだけでは、企業が欲する情報とは異なる情報を伝えてしまいます。そのため、企業が求める人物像とあっているのかを確認しなければなりません。
事前に業界研究を徹底しておきましょう。そして、企業研究を行い、企業が求める人物像に適しているとアピールすると面接を突破できる可能性があります。

【業界研究】⇒【企業研究】⇒【求める人物像とのマッチング】

こっそり勧めたい!完璧な自己PRに近づけるポイント

では、自己PRの例を確認する前に、そのポイントをまとめてみます。

・最初に結論ありきで話そう
・3人以上に確認してもらおう
・尊敬語や謙譲語・丁寧語の言葉遣いに注意
・入社後に長所を活かすビジョンを入れよう
・他者とのコミュニケーションの要素を盛り込む

状況別・能力別!自己PRの例文

ここからは大学生活の経験を活かす、自己PRの例文を載せます。身近な例を参考に書いてみましょう。

【大学内での経験】

gahag-0019898358-1
ゼミ:周囲を配慮したサポート
私は、周囲を配慮してサポートする力があります。他大学ゼミとの合同発表会に向けて発表を進める際、なかなかメンバーが集まることができませんでした。関連する資料のまとめを共有したものの、誰も興味を示してくれませんでした。一方的に情報提供をするのではなく、双方が意見交換をできるように、皆の担当割り振りや期限を示した計画表・コメント欄・教授からのアドバイス欄を付け足して、再度作成しました。そして、皆で研究を完成させることができました。

部活動:臨機応変さ
バレーボールでセッターの役割を担っておりました。その選手にあった効果的なパスの上げ方を学びました。このようにいろいろな人のニーズを捉え、最も適切な応対をすることが自分の性格に向いていると考えます。その臨機応変さを、様々なお客様に対応できる営業の仕事で活かしたいと考えています。

学祭の実行委員:あきらめずにやり遂げる力
私はあきらめずにやり遂げる力があります。学祭の実行委員として、プログラムに取り組みました。担当していたステージが中止になりかけたときも、周囲のスタッフに呼びかけ、ステージの上をゴム製の板版で整え、座席にカバーをかけました。また、出演者のサポートできるよう着替え場所の確保に取り組みました。傘をさしながら予想を超える200人の来場者が観覧しました。このやり遂げる力を社会人になっても活かしたいと考えます。

-shared-img-thumb-HIRO95_yuubaenokage_TP_V

【大学外での経験】

アルバイト:徹底的に取り組む
私は徹底的にものごとに取り組みます。クレープ屋のアルバイトをしています。そこで、50種類以上あるメニューの全ての味や産地、特徴を暗記しました。そして具体的に味が想像できるような説明をしたり、季節やイベントごとに店頭の飾りつけを提案したりしてきました。そうした結果、お客様の覆面調査員による街頭調査で「笑顔・接客が素敵だった店員」に選んでいただきました。また、店の売り上げを1.3倍に伸ばすことができました。私は、徹底的にものごとに取り組む姿勢を、御社の業務でも活かします。

資格取得:努力家
私の強みは、努力家である点です。専攻している経営学に熱心に取り組んで、教員免許や簿記資格を取得しました。モチベーションが低下してしまうときもありましたが、毎日記録をつけて、モチベーションアップに努めました。その結果、簿記2級とTOEIC850点のスコアを獲得できました。貴社の経理・財務部門でも、こつこつ努力して業務を務めたいと考えています。

インターンシップ:周囲と計画を実現する力
私には周囲に自分の考えを共有し、計画を実現する力があります。インターン先に企画を提案し、地域密着型のポータルサイトを立ち上げました。市内の関連施設やスポンサー企業に影響をかけ、協力を受けました。そして月間10万PVのアクセスと年間600万円の収益を生むサイトに成長させました。1人ではできないスケールの案件も、周囲と協力して計画を実現できます。

ボランティア活動:行動力
私はボランティアで学校の講師をしていました。その際に生徒が同学年で固まって遊ぶ状態を見て寂しく思いました。そこで他の講師と協力し、校門で元気よく挨拶をすることで自分が生徒と仲良くなることを意識しました。また、挨拶を返さない生徒には、根気よく挨拶を続けました。そして仲良くなった生徒を学年問わず休み時間のドッジボールに誘い、楽しく遊べる環境を作りました。この遊びは生徒の間ですぐに大人気となり、さらには、自主的に他学年と交流が増えたことで、学校から表彰されました。

まとめ

自己PRは、企業が就活生の人となりや、一緒に働きたい仲間であるのかを判断する重要なポイントです。自己PRで大学生活のことを聞かれたら、長所と求める人材をリンクしてください。
探すときは、それぞれの経験からアピールできる内容を一覧に並べてみましょう。そして最もアピール力がある経験をふくらますことが大切です。この機会に素敵な自己PRを作成してくださいね。