就活で失敗しないように準備すべきこと | 新卒就活.com

2016/08/22更新

就活で失敗しないように準備すべきこと

就活で失敗しないように準備すべきこと
既に準備を始めている方もいれば、これから本腰を入れて取り組むという就活生もいるかと思います。今回は、就活で失敗しないために心がけておきたいポイントをお伝えできればと思います。

そもそも就活の成功とは?

「失敗しないため」には、当然「就活の成功とは何か」を押さえておく必要があります。では「就活の成功」とは何でしょうか。
最低限の成功は「内定」でしょう。つまり就職先が決まることです。しかし、単に内定が出るだけでは大半の就活生が「満足」とは感じることはできないのではないでしょうか。皆さんはこれから、自分がやりたいことや入りたい会社を探していくわけです。つまり「満足いく成功」とは、「皆さんが望む会社に内定すること」であると思います。

「望む会社」と「合っている会社」は違う

しかし、ここで注意して頂きたいのは、皆さんが「入りたいと望む会社」と「皆さんに合っている会社」は必ずしも一致しないということです。

企業から内定を獲得するためには、主に2つのことがアピールできなければなりません。

  1. 企業を経営していく上で、皆さんが企業の戦力となること。
  2. 皆さんが企業の社風、文化に合っていること。

つまり、皆さんにいくら能力があっても、つまり「企業の戦力になる」を満たしていても、社風や文化に合っていない、つまり「社風・文化に合っている」を満たしていなければ内定は獲得できません。
たとえばスポーツの世界では、能力はあっても指導陣の起用法や人間性に合わなかったりして埋もれてしまう選手が多くいます。それはビジネスでも同じです。会社が求める能力を持ち、その能力を最大限活かせる環境にいることで、その社員は会社に十二分に貢献してくれるわけです。
ですが、毎年多くの就活生が、自分の適性や会社の求める人物像を見定めず、ミーハー気分や有名企業志向に流されてしまい、企業や職種を選んで選考を受けては残念な結果に見舞われています。

大切なのは、(1)と(2)の両方を満たしたアピールをすることです。
よって、失敗しない就活のために準備すべきは、「自分の能力を把握すること」と「自分の価値観・物の考え方を整理すること」の2点ということになります。

いずれにしても必要なのは「自己分析」と「企業研究」

まず最優先で進めるべきは、当然ですが「自己分析」と「企業研究」です。
たとえば、単に説明会に参加しても、その企業が自分に合っているのかを知るには、まず自分がどういう人間なのかを知らなければなりません。説明会は「この仕事、面白そう」「この会社、面白そう」と感じるためだけの場ではありません。参加した結果、自分の価値観や適性と照らし合わせて、「向いているのか」「戦力となれるのか」を多少なりとも判断するための場です。

自己分析とは「自分の持っている能力」と「自分の価値観・物の考え方」を理解すること。
企業研究とは「企業の成長に貢献するために必要な能力」と「企業の社風・文化」を理解すること。
まず、この2つを徹底して突き詰めていきましょう。

「戦力となれるか」における注意点
「戦力となれるか」において注意すべきは、「自分の能力」が「企業が求めている能力」であることです。単に「能力がある」だけでは不十分で、「企業が求めている能力がある」ことが必要です。そのため、必ず「自己分析」と「企業分析」をセットで行うことが不可欠です。
「企業が求めている能力」とは、企業の事業を運営する上で要となる能力です。たとえば営業職一つとっても1日に飛びこみを何十件もこなすメンタルを求める会社もあれば、既存顧客との関係構築のためのスキルを求める会社もあります。
同じ職種でも仕事の仕方、事業のスタイル一つで求められる能力は大きく変わってきます。よって事業のビジネスモデル(どのように収益を上げているのか)や、誰が顧客なのか(法人? 個人?)、どういった顧客を相手にするのか(既存顧客? 新規顧客?)などを丁寧に調べておく必要があります。
「企業に合っているか」における注意点
「企業に合っているか」を見極めるためには、「自分の価値観」が「企業の価値観」と合致しているかを確認する必要があります。自分の価値観は、人生のターニングポイントなどで「何か大きな決断した瞬間の判断基準」と考えると分かりやすいと思います。
企業の価値観は、主に「社風」や「企業戦略」に見て取ることができます。社員がそれぞれ何を大切にしているのか、事業を展開する上で会社は何を大切にしてきたのか、どう事業を展開していこうとしているのか、そうした面を中心に見ていきましょう。こちらも仕事上の、事業運営上の「判断軸」をベースに考えると分かりやすいと思います。
ですが、いきなり「企業研究」では、企業の数も多く取っ掛かりが掴めないかもしれません。そのため最初は「業界研究」からスタートするくらいでも十分です。

以上、簡単ではありますが、就活で失敗しないために何よりも必要なことになります。面接対策もエントリーシート対策も、その基本となる自己分析と企業研究が不十分では何の意味もありません。少しでも自分に合った会社を見つけるためにも、なるべく早めに自己分析と企業研究に取り組むことをオススメします。
photo credit: porschelinn via photopin cc