就活中のマフラー活用で気をつけること | 新卒就活.com

2016/08/22更新

就活中のマフラー活用で気をつけること

就職活動中ってとにかく寒かった覚えがあります。
冬になると、普段はセーターやタイツ、ブーツなどで防寒対策はばっちりなのに、スーツだと中にシャツしか着ることができないし、ストッキングなのでとにかく寒いんです!
なかなか中に着込むことも出来ませんので、私はマフラーを活用して寒さを乗り切っていました。
首元を温めるだけで、体感温度が全然違うんですよ。
そこで今回は、おすすめのマフラー活用テクニックをご紹介します。

単色で落ち着いた色ののマフラーを選びましょう

就職活動中って頭の先から、つま先まで真っ黒だと思います。
普通だったら、差し色として少し派手なマフラーを選びたくなりますが、就職活動中は落ち着いた色で統一してください。
黒やグレーなどでなくても、単色であればほぼ問題はないと思います。
チェックやボーダーなどは、やめたほうがいいと思います。就職活動中のオシャレは、必要ありません。

巻き方に注意しよう

いくら寒くても、ぐるぐる巻きにするのはやめたほうがいいと思います。
巻くときは、すっきりとシンプルな巻き方が望ましいです。下にたらすような巻き方もだらしなく見えるので控えましょう。マフラーは、とても暖かくて便利なアイテムですが、きちんと巻いていないととてもだらしなく見えてしまうので注意が必要です。
また、ぐちゃぐちゃに畳んで跡がついているものも恥ずかしいので、気を付けましょう。

足元にかけてストール代わりにしよう

面接のときは、意外と待ち時間が長いものです。
女性はスカートですし、だんだん冷えてきてしまうと思います。その時に、ストール代わりとしてマフラーが活用できますよ。ストールは意外と荷物になりますし、兼用できたら便利ですね。

会社に入る前にはマフラーをしまおう

会社に入る前に、コートやマフラーなどは脱ぐのが基本です。
脱いだものは、きちんとたたんで、腕にかけて移動しましょう。
小さなことですが、案外大切です。どこで誰に見られているかわかりませんから・・・

今回は、マフラーの活用法についてご紹介しましたがいかがでしたか?
とても身近な防寒具のマフラーですが、巻き方一つでだらしない印象に見えてしまう難しいアイテムでもあります。
ですが、大事な就職活動中です!風邪をひかないように、マフラーをぜひ活用してください。
寒さに負けず、就職活動頑張ってください!