就活生でパーマはOK?髪型への4つの疑問と回答 | 新卒就活.com

2016/08/22更新

就活生でパーマはOK?髪型への4つの疑問と回答

就活でパーマは大丈夫なのか?などなど、就活での髪型に対する疑問は多いと思います。
今回は髪型で減点されないように気をつけるべきところをまとめました。
今後の就職活動やインターンシップを有利に進めるためにも、ぜひ髪型に関するこのページをチェックしておきましょう。

就活・インターンシップでの理想的な髪型とは

スカート
就活やインターンシップの時の髪型は、どんなものが理想的なのでしょうか。
殆どの学生が初めての就活やインターンシップを迎えるのですから、髪型をどうするのが最も正しいのかは分からないのが当たり前ですよね。
~社会人として最低限の常識があるかどうかを就活・インターンシップで見られている~
就活・インターンシップの髪型に関しては、髪質や悩みも十人十色であるものです。しかし、よくも悪くも髪型は”目立ちすぎない”のが理想的です。
「髪型が無難なのはつまらないのではないか」「髪型に個性を出したほうが印象に残るのではないか」と思う方もいるかと思います。
しかし、キラリと光る個性というものがあなたにあるのであれば、それを髪型ではなく別の部分で表現すれば良いのです。
社会人として最低限の常識に身を染められるのか、そういった点も見られているのが就活です。
では具体的にどんな髪型が良いのかを見ていきましょう。

就活生の髪型の疑問1,やっぱり黒に染めるべき?

GREEN_RA20140125500
黒色にするのが多数派なのは皆さんご存知ですよね。自然な黒色がベストですが、業界によってはダークブラウンも可と言われております。根元との色の差が目立つ程度のものは避けましょう。

就活生の髪型の疑問2,髪は束ねるべき?

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s
長い髪はポニーテールにするか、ハーフアップにしましょう。耳を見せることで清潔感を出したり、行動派に見せたりすることができます。ポニーテールは耳ぐらいの高さにし、上げすぎないほうが良いです。また、反対に低い位置で後ろに束ねると、やや華やかさに欠ける印象になりがちですので気を付けましょう。

就活生の髪型の疑問3,パーマはあり?なし?

BL010-aremoshikashite20140810500
パーマの就活生はほとんど見かけません。しかし企業側の本音としては、よほど派手なパーマでない限りはあまり見ていない(気づかない)とのことです。
先に触れた通り、選考時には皆さん髪を後ろで束ねることが多いからパーマが見えないからでしょう。
中には、クセ毛でパーマのように見えるという方もいるかもしれません。
髪がウェービーである=選考に落ちる、という方程式が成り立つものだとしたら生まれつきクセ毛の方は不利になってしまいます。
(しかし大抵の方はうねる髪を気にして縮毛矯正をかける場合が多いですが…。就活生であればそのほうが無難です。)
つまり、パーマヘアは不可ではないが、普通にしていればストレートの髪をあえてウェーブさせることはない、と言っておきましょうか。

就活生の髪型の疑問4,シュシュはつけてもいい?

c443ceb301d3310efab4ac6519c45e3d_s
こちらに関しては賛否両論あります。黒のゴムで束ねただけの状態を避けたいのであれば、バレッタのほうがフォーマル感を出すことができます。
シュシュを選ぶとしなら、目立たない色で小さめのものにしたほうが良いでしょう。
もちろん、何も飾りがないことで選考に落ちるということはありません。
合わせて、就活生にふさわしい髪のまとめ方と注意点3つを押さえておきましょう。

就活生でパーマは髪を縛ればOK!!しっかりとした身だしなみで選考に向かおう

就活生でパーマをかけている方は髪を縛ればOKです。それよりも、変に脱色したりする方が悪い印象を与えるでしょう。
また、髪型に限らず身だしなみをきちんとすることで、自信を持って選考に臨むことができます。就活は減点方式。
変な所で悪い印象を与えることなく、自身の能力値をアピールできた方が良いですよね。
それこそが就活において一番重要な点であるのではないでしょうか。ぜひ参考にしてみて下さい。