就活生のスーツの柄がストライプである事のメリット・デメリット | 新卒就活.com

2016/08/22更新

就活生のスーツの柄がストライプである事のメリット・デメリット

就活生のスーツの柄がストライプである事のメリット・デメリットをお教えします。
就活のスーツの柄で何を着るか悩んでいる方は、ストライプにすることのメリット・デメリットを押さえてから面接に行くようにしましょう。
インターンシップに参加する方も、ぜひ参考にしてくださいね。

就活のスーツにストライプ柄は向いていない!?

texture-489276_1280
就職活動中やインターンシップ中に迷うことの一つに”スーツの選び方“があるはずです。
「この柄はいいのかな?このスカートの丈は短すぎ?柄として縦に線や模様が入ってていいの?」などと、面接の前日に頭を悩ませる就活生も多いのではないでしょうか。
さて、今回は”ストライプのスーツ”について考えていきましょう。
なぜ、私がこのテーマにしたのかといいますと、やはり縦縞のスーツを持っている人が多いと思うからです。
私自身、持っているスーツのほとんどがストライプで、前日焦って買いなおした経験がありますね(笑)
やっぱりストライプのスーツって就職活動には向いていないのでしょうか?

ストライプスーツを着ることのメリット・デメリット

-shared-img-thumb-Green5_bite20141123160246_TP_V
ストライプのスーツは、少し遊び心のあるカジュアルな感じのスーツです。
メリットとして、縦縞のラインが協調されるため、洗練された華やかな印象を面接官に与えることができます。
黒のスーツの就活生の中でストライプスーツはかなり目立つでしょう。そのため、テンプレート通りの就活生ではないと評価されることも多々あります。
しかし、面接など目上の方と会う際は、失礼だという人もいるため、デメリットになることも。
特に、役員世代である年配の方は、服装にはうるさいです。就活生のスーツに関しても目を光らせていること間違いなしです。
そのため、金融業界や保険業界など、固めの業界を目指している方は、派手なストライプのスーツを着ていくのはあまり好ましくありません。
無地の黒・紺・グレーのリクルートスーツであればどこに行っても間違いはありません
着こなしに不安のある方はストライプのスーツを選ぶのはなるべく避けた方が良いでしょう。

また、面接官が本当に見たいのは、あなたの人柄とやる気です!!
ストライプスーツは、就職したら着る機会がどんどん増えていくと思うので、よほどの事情がない限りとっておくのが無難でしょう。

就活で絶対に失敗しないマナーの基本【服装編】

受ける会社によりストライプスーツはOK!!

-shared-img-thumb-LIG_soregaichibandaijis_TP_V

就活生がストライプスーツを着ていくことでプラスに働く会社もあるんです。
たとえばベンチャー企業や私服通勤可能の会社は、ストライプスーツでも違和感がない場合があります。
実際にベンチャー企業や外資系、社長が若い会社、アパレル系の会社だと、垢抜けた服装の方が好まれたりするものです。

ただし、一次面接からストライプスーツを着ていくと失敗する可能性があります。
面接官の服装や職場の雰囲気から、ストライプスーツを着て行っても大丈夫そうであれば、二次面接からストライプのスーツを着て面接に行くのも良いでしょう。ただし、ストライプといっても、あまり派手なものではなく、薄めの控え目なものにするのが無難でしょう。

就活中の「私服でお越しください」は本当に普段着でOKか?

ストライプスーツは華やかに見える反面、面接官に反感を買う可能性アリ!!

ストライプスーツのメリット・デメリットについてお伝えしました。
ストライプスーツは華やかに見えます。そのため、若い社員がいる企業やアパレル系、外資系の会社には向いているでしょう。
実際に面接で、スーツがストライプかどうかは重要視されないでしょう。面接官は1日に何十人もの就活生を見ているのです。
「あいつ、ストライプスーツ着ているから不合格だ!」なんて話、人事担当をしていた私でも聞いたことがありません。
ですが、身なりは相手への誠意を示す一つの方法ですから、きちんとしているに越したことはありません。
特に、大手企業や縦社会が色濃く残っている会社を受ける方は、スーツにも気を遣って臨んでください。
皆さんの就職活動がうまくいくように願っています。