最終面接ってどんな内容? | 新卒就活.com

2016/08/22更新

最終面接ってどんな内容?

何度か選考を重ねて、やっとたどり着けるのが最終面接。しかし最終面接って、一体どんな内容で、どんなことを聞かれるのでしょう?ただでさえ緊張感が高まる場面ですので、事前にある程度の知識を持って臨むことで、落ち着いて実力を発揮できるようにしましょう。

最終面接の定義とは?

これまでの面接と決定的に違う点は、面接官に役員クラスの方や取締役、社長本人が確実に加わってくるというところにあります。中には、社長と一体一での面接になることもあります。
企業側はこれまでの選考で『我が社に是非来てほしい人物』を何人かに絞り込んで、最終面接まで進めてきました。つまり、ここまで進んで来た時点である程度の条件はクリアできていると思っていいでしょう。採用担当者や人事の方々が一生懸命採用活動をし、新卒の募集をかけ、書類や試験、面接結果を吟味し、選んだ採用したい学生…その学生を役員の方々にも見てもらい、『本当に採用してもよいかどうか』の最終確認、社長や会社のビジョンとの擦り合わせをしてもらう場であるのが、最終面接です。


そのため、内容としては自己PRや志望動機など、これまでの面接でも聞かれたようなシンプルな質問内容を聞かれることが多いようです。それらを社長の前で答えるのですから、これまでよりもパフォーマンス性が増し、いかに自分を売り込めるか、というところに注目をされています。つまり大袈裟に言えば、話す内容以上に、落ち着きや自信、目の輝きや立ち振る舞いなどが、社長はじめ役員クラスの方々の目に留まるかどうかが勝負どころなのです。これまで多くの『人』を見てきた役員クラスの方々には、単純な会話をしているだけで相手の人となりを見抜くことは容易いものです。ある企業では、最終面接は社長とただ喫茶店でお茶をしながら世間話をしただけだったという例もあります。つまりそれくらい、話す内容以上に話し方や立ち振る舞いを重視して『最終確認』されているのです。

最終面接はあなた自信の確認でもある

また、最終面接は同時にあなた自身が本当にこの会社に入るつもりがあるのか、という意思確認の場でもあります。企業側は採用したいと思って内定を出しても、学生側に他に本命があるならば内定を辞退されてしまいますよね。それではせっかくここまでしてきた採用活動が振り出しに戻ってしまいます。このショックはとても大きいと、人事の方々は口を揃えて言います。就活は学生にとっても大変な試練ではありますが、企業にとっても採用活動とは、それほど手間をかけ、コストもかけ、また情熱もかけている大仕事なのです。

では実際どのようなことで『意思確認』されるのでしょうか。
まずは、きちんと会社のビジョンなどを把握できているかを見られます。本当に入りたい会社であったら必死でその企業を研究してあるはずなので、そこを突く質問を投げかけられることが多いです。
『我が社の強み(または課題)は何だと思いますか?』
『何かこちらに対して質問はありますか?』
などがそれです。これに対して何も答えられない、というのだけは避けましょう。

またある企業では、最終選考は面接というより面談のようなものだったと言います。
『我が社が第一志望ですか?』
『他に内定をもらったらどうしますか?』
『他にどこの企業の最終選考を受けましたか?』
など、とてもストレートな質問に答えるというものです。この場合には例え第一志望の企業でなかったとしても、それをバカ正直に答えてしまうのは得策ではありません。

また別の企業では、心理テストのようなものを出す、その場に立ってただ一言『いらっしゃいませ』と言う、それだけの最終面接もありました。例えば『いらっしゃいませ』と一言言うだけでも、本当にその仕事で働くイメージができている人とそうでない人とでは、表情や立ち振る舞いに歴然とした差が出るのだそうです。


このように最終面接の内容は様々ではありますが、一貫してポイントになる部分は『入社意志の確認』と『役員、社長との擦り合わせ(ビジョン、相性など)』です。それを踏まえて、自分がその会社に入社したときの未来を具体的にイメージングし、意志を強く持って、事前の企業研究をしっかりとしておきましょう。それこそが、他の学生と決定的な差をつける大きな一歩になるはずですよ。