最終面接・役員面接で就活生がしたい逆質問リスト【NG例あり】 | 新卒就活.com

2016/08/22更新

最終面接・役員面接で就活生がしたい逆質問リスト【NG例あり】

最終面接・役員面接では最後に「何か質問はありますか?」と、必ずと言って良いほど逆質問を求められます。
最終面接・役員面接での逆質問で困ってしまう学生が例年かなり多いという話をよく耳にします。
「最終面接でこんなこと尋ねても良いのかな?」「そもそも何を訊けば良いの?」など、その理由も様々です。
極論、最終面接の逆質問で、尋ねたいことがなければ何も訊く必要はないのです。しかし、最終面接でのこの質問を強迫観念のように捉えてしまって困っているように思います。
そこで今回は、この最終面接・役員面接での逆質問について考えてみたいと思います。

最終面接・役員面接で印象に残る魔法の質問はない!!

-shared-img-thumb-HIRO95_yuubaenokage_TP_V
身も蓋もない結論ですが、「逆質問でこれを尋ねれば高評価」といった魔法のような、最終面接・役員面接での質問はありません
あえて挙げるとすると、最終面接での良い逆質問は「仕事内容について」かと思います。

最終面接・役員面接での逆質問は”企業研究”の成果をアピールしよう!!

12386660_671029109706121_596757191_n
私事ですが、学生時代に某飲食チェーンの最終面接を受けた時、1日の仕事の内容や年間スケジュール等は勿論、「近所で運動会とか開催されると、発注の質も量も変更が必要だと思います。そうしたイベント事の情報などはどう集めて、どう管理されてるんですか?」くらいまで突っ込んだことがあります。
最終的に内定を獲得したのですが、一番評価されたのが、その逆質問でした。
その時に人事の方から「仕事についてそこまで細かく逆質問してきた学生は他にいなかった」とコメントを頂いたことがあります。
仕事内容以外にも様々な逆質問を色々な会社でしてきましたが、どこでも評価されたのは「仕事内容について」だけでした。ただ、役員クラスと現場監督者クラスにする逆質問では当然、中身が変わってきます。

現場のことを役員クラスに逆質問で尋ねても、現場を離れているわけですから答え用がありません(答えてくれるとは思います)。
現場社員、現場監督者には「仕事内容」役員クラスには「事業全体について」を逆質問で尋ねることがオススメです。
仕事内容については、上記の通り「ネットなどに出ていない、一歩踏みこんだ質問」を、最終面接での事業全体については、最新のニュースを軸にすると、情報収集に積極的な姿勢もアピールできて一石二鳥かと思います。
それらと合わせて、面接官の日常の仕事模様などについても役員面接・最終面接で尋ねると良いでしょう。

通過率がUPする逆質問

逆質問は、上手くいけば好感を上げられますが、失敗すると取り返しがつかない場合もあります。まずは、好感を得られる逆質問をご紹介します。

やる気をアピールする逆質問

逆質問もある意味ジャンル分けがされています。まずは、やる気をアピールする逆質問を見てみましょう。

・配属先の新入社員の一日の行動スケジュールを教えてください
・去年の新入社員は、どのような活躍をしていますか。
・入社までに勉強をしておいた方がいいことはありませんか

強みをアピールしつつ行う逆質問

自分の強みをさりげなくアピールしつつ逆質問を行うこともできます。あまりにもアピール要素が強いのはよくないので、その点には注意してください。

・現在持っている○○の資格を実務で活かす事はできますか
・誰とでも親しくなれることが得意ではありますが、配属先の雰囲気を教えてください
・あきらめない性格ですが、どのような資質が必要ですか

女性ならではの逆質問

女性ならではの質問も逆質問で取り上げても大丈夫です。後々誤解だったとならないためにもしっかり確認すべきことは聞いておきましょう。

・結婚、出産後も働きたいと考えているのですが、母親として働いている女性はどの程度いるのでしょうか
・社内で女性の比率はどれくらいでしょうか
・女性の管理職は何人ほどいますか

上記の逆質問は好印象に結びつきやすいので、おすすめです。では、続いて今度は印象が悪くなる逆質問を取り上げますので確認してみてください。

最終面接での逆質問で避けるべきNG質問

-shared-img-thumb-KAZ786_kuragehuyuu_TP_V
ただし、表面的なことを最終面接で訊いた所で意味がありません。たとえば以下のような質問です。
1,部署の仕事について詳しく教えて下さい
漠然とし過ぎです。事前にある程度のことを調べてくるのが普通です。面接ではそこから更に一歩踏みこんだ質問をしましょう。
2,希望部署の社員数や社員構成を教えて下さい
事前にOB訪問などで分かることです。面接で訊くべき質問ではありません。更に言えば、どこの部署に配属されても踏ん張るくらいの熱意がないと企業は採用してくれません。
3,御社の○○という商品に携わる仕事に就けますか?
希望を持つのは良いことですが、どんな仕事でも厭わないのが基本です。熱意を疑われかねませんので控えましょう。
4,待遇について教えて下さい
待遇や給料ばかり気にしていると、熱意を疑われかねません。企業は長く働いてくれる社員を求めているので、まず「絶対に御社で働きたい」という強い思いや夢(やりたいこと)を持っている学生を採用します。それまでに「やりたいこと」「志望動機」を明確かつ説得的にアピールできているのであれば大丈夫かもしれませんが、控えておくのが無難です。
5,◯◯には自信があるのですが、御社の仕事でも役に立つでしょうか?
よく「強みをさらりとアピールする逆質問」として言われていますが、オススメはできません。
そもそも面接でアピールすることの1つが「自分はこの能力を活かして、会社の戦力となります!」ということです。アピールすべきことを面接官に尋ねているも同義ですので、そもそも面接がどういったものかを履き違えてしまっています。

最終面接・役員面接の逆質問の例としては少ないですが、
・少し調べれば分かる質問(ホームページやパンフに出ている情報等)
・その質問から何が知りたいのか分からない質問(的を外した質問)
・熱意を疑われる質問(主には待遇や配属について)
などは控える
ようにしておきましょう。

参考までに、以下のページを紹介しておきたいと思います。

逆質問攻略!「最後に何か質問はありますか?」のうまい切り返し方法
ここを読むと、どういった質問がどういった印象を最終面接・面接官に与えるのか、簡単ではありますが掴んで頂けます(質問の言い回し自体は月並みすぎるので、そのまま口にすることはオススメできませんが)。
なお念のためですが、このページのそれより上の部分は、鵜呑みにすると少々危険な部分も多いので参考程度に流し読むくらいにしておくのが無難です。

逆質問は最後のアピール場所!タブーな逆質問もあるので慎重に行おう

逆質問は、ただ質問すればいいというわけではありません。効果的な用い方ができればアピールの場にもなります。自分の知りたいことも知れて、聞きたかったことも聞けるまたとないチャンスです。

このチャンスを生かすも殺すも逆質問の質で異なります。良かれと思った質問が実はタブーなものだったということもあるので、していい質問の悪い質問の見極めが大切です。しっかり準備してから逆質問はしましょう。

超オススメサイト紹介

内定先がブラック企業だった…。そんなことを感じたら内定を2週間で取れる特別サイトの利用を。

合わせて読みたい!!

▶ディスカッションが通過しない人は、面接官に評価される”3つの役割”を知らないだけ。通過率がぐんぐん上がるコツを知りたい方はコチラ

▶内定先に不親切なアナタは今後苦労します。押さえておこう、誠実な内定辞退の仕方

▶一次面接・二次面接・最終面接の事前準備、変えてる?通過率を”確実に”上げる事前準備