「やりたいこと」がなくても内定が出る理由 | 新卒就活.com

2016/08/24更新

「やりたいこと」がなくても内定が出る理由

就活生のなかには「やりたいことなんてない……」という人も多いかと思います。ですが、就活における自己分析は「やりたいこと」探しを半ば強要しているようなものです。だから、多くの就活生が必死に「やりたいこと」を探す訳ですが、働いたこともないのに仕事の「魅力」や「やり甲斐」を理解することは難しいでしょう。
極論「やりたいこと」などなくとも内定は出ます。実際、筆者自身もやりたいことがないまま、最終的に複数社から内定を得ました。周囲にも同様の知人が何人もいます。

1. そもそも「やりたいこと」とは?

まず「やりたいこと」という曖昧な言葉の意味を考えておきましょう。就活生に「企業でやりたいことは何ですか?」と答えると、実は大体2パターンの答えが返ってきます。
1つは、事業内容とマッチした「やりたいこと」です。つまり「先進的な電化製品の開発に携わりたい」「お菓子の企画に携わりたい」といった感じです。これが「やりたいこと」と聴いたときに皆さん思い浮かべるものではないでしょうか。
ですが、この「やりたいこと」には、もう1つあります。それは「働き方」です。たとえば、単純ですが「多くの人に御社のサービスを広めることで貢献したい」などです。サービスに社会的意義は認めており、それを広めることに「やり甲斐」も感じられそう、ただそのサービス自体に強い興味はないという就活生の場合、こうしたアピールをすることが多いです。

2. 大半の就活生は「事業内容とのマッチ」を求めすぎ

多くの就活生が悩む「やりたいことが見つからない……」は大抵、前者の「事業内容とマッチしたやりたいこと」で悩んでいるケースです。ですので、見方を変えて、後者の「働き方」から探してみることをオススメします。
そのメリットとしては、やりたいことを見つけやすいという点があります。

前者の場合、過去にその「事業内容」と関連する体験がないと見極め難いです。たとえば、インターネットビジネスであれば、過去に自分でホームページを制作したり、自分でブログを開設してアフィリエイトに挑戦していたり、ネット関連会社でインターンをしていたりといった具合です。ですが、そうした経験をしている就活生の方が稀でしょう。
対して後者の場合、過去の様々な経験(互いの関連のない経験)を複数組み合わせて、アピールをつくることができます。たとえば、次のような具合です。
中学時代の部活で後輩に頼られた経験が嬉しかった、高校時代に委員会で同様の経験があった、大学時代にアルバイト先で後輩の面倒をよく見た、サークルでも似たような経験があった、そんな学生がいるとします。この場合、それぞれの経験の中身自体に、それほど共通性はありません。ですが、そこで感じた「やり甲斐」には「感謝された経験」という共通点があります。


だから、企業選びでも、たとえば「信頼関係を築いて感謝される仕事がしたい」を軸としてアピールすることができることが分かります。その結果、たとえば営業がマッチした仕事であることが分かります。
そこから今度は、その「軸」を構成する「信頼関係」や「感謝」を深堀していきます。たとえば信頼関係は、どんな信頼関係を望むのか? 長期的な信頼関係?(→既存顧客へのルート営業が向いている)、より多くの信頼関係を構築したい?(→新規営業が向いている)、人対人の信頼関係を構築したい?(→個人向け商材の営業が向いている)といった具合です。

「やりたいこと」が見つからないと悩んでいる就活生は、一足飛びに「やりたいこと」を探すのではなく、こんな感じにまず「こんな感じの仕事」と漠然と決めて、そこから徐々に具体的に見極めていくというやり方がベターです。

以上、「やりたいこと」がなくても内定が出る理由でした。厳密には「やりたいこと」には2種類があり、就活生の大半は「事業内容とのマッチ」を求め過ぎているということです。ですので、もう1つの「働き方から探す」という視点も忘れないようにしましょう。こちらの方が自分に合った仕事を見つけやすいです。