就活でやりたいことがない・何をしたいのか分からない人がするべきこと | 新卒就活.com

2017/09/19更新

就活でやりたいことがない・何をしたいのか分からない人がするべきこと

就活でやりたいことがない・自分が何をしたいのかわからない人がするべきことをお教えします。

就活生及び就活を控える学生向けの就活コラムです。『やりたいことがない』『自分が何をしたいのかわからない』そんな就活生も多いですよね。

是非、このポイントの対策をして、今後の面接に備えましょう。

就活中に「やりたい仕事を見つけましょう」と言われたら…

就活生及び就活を控える学生の皆様こんにちは。就活コラムをお届けいたします。

就活でよく言われることの一つに「やりたい仕事を見つけましょう」という言葉があります。

メディアなども、就活を「やりたい事探し」と(半ば揶揄するニュアンスで)形容しています。しかし、「働いたことなんてないから、したい仕事なんて分からない」「就活でやりたいことがない」と言う就活生も、一方では多いのではないでしょうか。

今回は「就活でやりたいことがない」と悩む就活生がどうすれば良いのか、それについて書いていきたいと思います。

【大学3年生向け】質問に答えるだけで強み&適職がわかる自己分析シート

PR

就活において、最も大切な自己分析。しかし、やり方を間違えれば大きくつまづいてしまいます。

今回、たった36個の質問に答えるだけで、あなたの性格や適職を教えてくれる自己分析シートがキャリアパークで無料配布中!
これを使えば、ESや面接が有利になります。

0. 前提:就活でやりたいことがなくても良い?

puzzle-654957_640

「自分が何をしたいのかわからない」「やりたいことがない」と言う就活生が、次のように話す光景を目にします。

「働いた事もないのに、したい仕事なんて見つかる訳がない」「就活でやりたいことがないから困る」

一聴すると「就活でやりたいことがないのか、なるほど」と思う面もありますが、結論、「自分が何をしたいのかわからない」という言葉を真に受けるのは危険です。
「就活でやりたいことがないのは当たり前」「したい事は探さなくていい」「適職なんて存在しない」という言葉もありますが、これも同様に真に受けないようにしましょう。

企業は意味のない質問を尋ねることはない!!

eyes-218185_640

意味のない質問なのであれば、企業も就活での面接で尋ねたりしません。
尋ねるのには、ちゃんと理由があるわけです。
ですので、必要なのは、「なにが尋ねられているのか?」その理由をしっかり押さえて、その上で「したいこと」を探すことです。

「就活でやりたいことがない。それなら、探す必要はない」という意見を真に受けて、「じゃあ、探さなくても良いんだ」となってしまうと、いざ尋ねられたとき、後悔してもしきれません。

以下で、就活のシーンで企業が尋ねる「やりたいこと」とは何なのか? それはどうやって探せば良いのかを解説します。

1. そもそも「やりたいこと」とは?

hands-600497_640

就活において当たり前のように語られる「やりたいことを見つけよう」ですが、そもそも「やりたいこと」とはなんでしょうか? これには主に2つの視点があります。

  • 自分が将来したいこと(仕事など関係なく)
  • 自分が会社のなかで将来したいこと

前者であれば、おそらく大半の就活生が何らかのアイデアを出せるのではないでしょうか。たとえばいくつかよく聴くところを挙げてみると、「結婚してこどもが欲しい」「起業したい」「お金持ちになりたい」「マイホームが欲しい」など。もちろん、これも自身の人生を考える上で非常に大切な事です。ですが、企業が就活シーンでの選考で求めているのは当然ですが、後者です。

しかし、就活生の多くが疑問に感じるように、働いた事のない就活生が仕事について理解しているはずなどありません。そのため「なにがしたくて、なにがしたくないのか?」を決める事はできないように思います。

▶就活生ならだれでも確認するべき100個の○○!!気になる方はコチラ!!

2. では「会社のなかでやりたい事」とは?

sharpener-769072_640

たとえば、メーカーだと分かりやすいですが、「こんな商品を作ってみたいです」というのがあるでしょう。「なにかを企画する事」です。ほかにも広告会社なら「こうした広告を企画してみたい」とか、インターネット関連の会社なら「こんなサービスを開発したい」などもあるでしょう。いきなり総務を志望して、裏方から会社を支えたいという思いを持つ人もいるかもしれません。

ここで重要なのは、企業が就活シーンで尋ねている「やりたい事」は、単純に「あなたがその世界・業界で実現したい事」ではないということです。

たとえば、広告代理店を志望する就活生がいたとします。彼は博報堂の面接で「オリンピックのような大舞台を彩る広告を手がけてみたい」と伝えました。しかし、もちろん通過できませんでした。

なぜなら、業界では常識ですが、オリンピックはほぼ電通の専有市場となっているからです。そもそも手がけられないものを志望されたところで、企業からすればどうしようもありません。
つまり、その就活生は「広告を通してしたい事」は持っていても、「博報堂のなかでしたい事」が明確にはなっていなかったのです。

ここまで読んで頂ければ分かるかと思いますが、就活における「やりたい事」とは、あなたが「その企業で何をしたいか」です。博報堂は、就活生が「広告業界」でやりたいことは求めていません。「博報堂」でやりたい事を求めています。「電通」でも「ADK」でもなく、「博報堂」でしたい事です。そのためには「博報堂」だからできることを、まず知らなければなりません。他社でも出来ることであれば、当然「ほかの会社でもできるんじゃないの?」となってしまいます。

つまり、「その企業がどんな事業を手がけているのか?」「どんな取引先と付き合っているのか?」などを把握していなければ、企業が就活シーンでの選考で求める「やりたい事」を見つけることはできません。

▶OB訪問で聞いておきたい34個の質問はコチラ!!

3. では「やりたいこと」を見つけるために必要な事は?

reading-216862_640

以上の通り、「やりたいことが見つからない」と悩む就活生の大半は、そもそも情報が足りていないケースが多いです。よく言われる「働いた事もないのに、したい仕事なんて見つかる訳がない」という理屈ですが、これはその典型と言えます。

では、どんな情報が足りていないのか。それは色々です。

具体的には、「1日どんな感じで働くのか?」「1つの仕事が完結するまでに、どんなことがあるのか?」「仕事における困難な場面は? 乗り越えるために必要なことは?」といった仕事の具体的な流れ。また事業上の強みや弱み、今後の展望といったビジネスモデルに関する情報も必要となります。
そうして、まずは「その企業のなかで《できること》」を知る必要があります。これが「やりたいこと」探しのスタートです。そもそも「できること」が分かっていなければ、「やりたいこと」が決まるはずがありません。

そして、「できる事」を見つけたら、その中から、自分が興味のある部分を見つけます。とは言え、企画系ですと分かりやすいですが、営業系などですとなかなか「やりたい事」も見つけにくいかもしれません。

たとえば、営業系では、実際に顧客に提案するシーンなどを考えてアピールするのも一つの手です。

「入社後は営業でやっていきたいと思います。たとえば、こんな感じの提案を考えてみました」と、実際にその企業が付き合っている企業を想定顧客として、提案内容を持っていけば、採用担当者の受けも相当良いでしょう。

しことは単純に「営業」の2文字ですが、面接の段階で実際の顧客に、実際の提案を考えたという点で、ほかの就活生よりも印象に残るでしょう。志望度も、仕事研究も、このアピール一つで「この学生はキチンと調べてきているな」と太鼓判をもらえます。

また、やりたい事を伝える際、気をつけて頂きたいのは、次の2点です。

  • そのやりたい事は、あなたの強みで以て実現可能である
  • そのやりたい事は、応募先企業の収益にプラスである

もちろんですが、会社は「あなたがやりたい事をやる場所」ではありません。顧客から対価をもらい、それに見あった(もしくはそれ以上の)価値を提供するところです。つまり、あなたの「やりたい事」は、会社の収益にプラスであると同時に、実際に実現できなければ意味がありません。

もし具体的に「就活でやりたいことがない」と思い描けない場合、「自分は御社に貢献できる」というアピールを少し言い換えるという方法もあります。「私は御社のこれこれこの事業に興味があり、そこに私の強みを活かして、もっと広めていきたいと思います」などといった具合です。これもちゃんと「やりたい事」です。もちろん「興味がある」程度ですと、少し弱いので、その事業の社会的意義などを交えて、それを広めたいなどとアピールすると、より説得力が出ます。

就活対策として最後に

man-76202_640

最後に改めて結論ですが、就活で言われる「やりたい事」とは、
「企業のなかで実現可能で、実際にあなたの強みを活かしてどう貢献できるかのアイデア」
くらいに考えておけば問題ありません。

もちろん、「どう貢献できますか?」という質問と「なにがしたいですか?」という質問をバラバラにしてくる企業もなかにはあります。その場合、当然両方で同じ回答をするわけにいきません。もしちゃんとあればそれを答えれば良いですが、仮に本当になければ、「いまはまだ模索している最中ですが、この分野に興味があるので、それを広めることで社会に貢献していきたいと思っています」などと、素直に答える事をオススメします。

就活でやりたいことがない・何をしたいのか分からない人がするべきことまとめ

就活でやりたいことがない・何をしたいのか分からない人がするべきことをまとめました。

今回は、就活生及び就活を控える学生向けに、就活コラムをお届けいたしました。読者の皆様の就活を応援しております。