【えっ!知らないの!?】スーツに合うトレンチコートの選び方【男性編】 | 新卒就活.com

2016/08/08更新

【えっ!知らないの!?】スーツに合うトレンチコートの選び方【男性編】

スーツに合うメンズのトレンチコートの選び方と扱い方についてご紹介します。
就活においてスーツにどんなコートを合わせるか迷う人も多いはずです。デザイン性が高いものは就活に不向きな場合もあり、出来るだけ落ち着いたものを選ぶことが重要です。メンズに合わせるならトレンチコートが基本と言えます。

スーツに合うトレンチコートは季節を問わずに着用可能

businessman-449927_640
季節を問わずに就活やインターンシップはるもので、服装に迷うシーンも多くあります。
特に面接などが絡む重要なシーンはスーツを着ていくことが基本で、秋冬などの寒い時期はそれに合わせたコートも必要なります。
メンズでスーツに合わせたコートを選ぶなら、トレンチコートが基本になります。

~黒系のダークカラーでスーツと統一するのがオススメ!~

落ち着いたデザインや、黒やグレーネイビーなど暗い系の色で選ぶのもポイントです。
ファーがついたコートや、ダッフルコートはカジュアルすぎてマイナスになるケースも有ります。

ファッション性が重視される業界でない限り、メンズであればトレンチコートが主流です。
ステンカラーコートもオススメですが、どちらも持っていない場合は将来的な投資も含めて買っておくのがお勧めです。

メンズスーツに合わせるトレンチコートは購入前に試着しよう!

就活で使うメンズスーツは黒系のダークカラーが多く、トレンチコートもダーク系で統一するのがオススメです。
紺やチャコールグレーなども選択肢に入る色となります。
普段が古着などカジュアル系が中心で扱っている店などが思いつかない場合は、スーツ専門店などが品ぞろえが豊富です。
実際に着心地も確認できるのもお勧めするポイントです。

~メーカーによってサイズが合わなかったりする~

通販で買う方法もありますが、メーカーによって袖丈などが違う場合もあるため、小さすぎる、大きすぎる事が内容に注意が必要です。
自分に合ったトレンチコートを買わないと、間に合わせた雰囲気が漂ってしまい、気づかない間に印象を悪くしてしまう可能性があります。
ファッションビルなどでメンズコートを見る際は、実際に就活向けのコートの情報を聞いてみるのも一つの方法です。

トレンチコートの扱い方に関するマナーについて

メンズスーツに合わせてトレンチコートを買い、準備万端となっても意外な落とし穴にはまる場合があります。
それは面接などの際にコートを畳む時です。
トレンチコートを預けてもらえない場合などでスペースがない時は、自分で持つか、鞄の上に置く必要があります。

~持ち歩くときは二つ折り・座るときは鞄の上に置くこと~

持ち歩くときは二つ折りにして腕にかけて持ち歩く、座る時は鞄の上に三つ折りか四つ折りなどのコンパクトな状態にしておくのがマナーです。
椅子に掛けるのはNGのため注意が必要です!
上等なメンズスーツを着て印象が良くても、トレンチコートを室内でも着たままであったり、置き方を知らないと減点対象になります。
袖丈などと違ってこちらは見てすぐにわかるマナーのため注意が必要です。

スーツに合うメンズのトレンチコートは必ず試着すること!取り扱い方にも注意!

就活用のメンズのスーツに合わせるコートはトレンチコートが基本になります。
色もスーツに合わせてダーク系の色で統一するのが望ましく、ファーコートやダッフルコートは減点対象となります。
室内でのコートの取り扱いも意外に見られるポイントのため、マナーを守ることが重要です。