【ここで差がつく就活準備】マフラーの色の選び方の注意点3選 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

【ここで差がつく就活準備】マフラーの色の選び方の注意点3選

マフラーの色の選び方で就活生が気をつけることをご紹介します。
冬の時期の就職活動では、寒さも就活の大きな障害となります。
寒いのに薄着で就活をしてしまうと当然体調を崩してしまうので、マフラーなどの防寒具は必需品となります。
しかし就活ですからマフラー色の選び方にも、気を配る必要が出てきます。

間違ったマフラーの色の選び方とは!?

wool-953635_640
まず就職活動でのマフラー色の選び方で注意しなければいけないのが、マフラーといえどもそれはスーツの上に着用するアイテムだということを忘れないことです。
スーツやコートが地味な分、意外とマフラーは目立つのです。
そのため間違ったマフラー色の選び方をしてしまうと、就職活動に支障をきたすようなことにも繋がりかねません。

~リクルートスーツに合わせたマフラー色の選び方が重要~

マフラー色の選び方での注意点は、就活で使用しているスーツに合わせたマフラー色の選び方が必要となってくるということです。
つまりスーツとのバランスが非常に重要になるでしょう。
そのため、カラフルで可愛いマフラーというのは明らかに就職活動には不向きですし、真っ赤といったような非常に目立つ色も選択してはいけないマフラー色の選び方です。

就活時に適切なマフラーの色の選び方

マフラー色の選び方で重要なのは、いかにスーツ姿の上に着用しても浮いて見えたり、不釣合いに見えないことです。
正直な話、就職活動にはオシャレを求める必要はありません。
そのため、ほとんどの場合男女共に就職活動のスーツ姿は濃紺や黒といったダークカラーだとは思いますが、そこにマフラーでアクセントを付ける必要は全くないのです。

~就活時のマフラーはスーツと同色系か単色を選ぶのが望ましい~

就職活動におけるマフラー色の選び方で重要なのは、就職活動を行なっている就活生らしいかどうかが最も重要です。
マフラーでアピールするくらいなら中身でアピールをすべきです。
そのため就職活動のマフラー色の選び方にはおしゃれは一切必要ないと断言できますし、出来るだけ落ち着いた色、スーツと同系色、もしくはそれに近い単色を選ぶのが正解です。

マフラーの色の選び方の重要性について

基本的に就職活動では、起業の建物に入る前にマフラーは外すことになります。
そのため中に入らないのであればどんなマフラーでも問題ないのでは?と考えてしまう就活生も多いのではないでしょうか。

~いつどこで見られているのかわからない!就活生である自覚を持つこと~

しかし就職活動中は移動中であっても就活生であるということを自覚しておく必要があります。
マフラー色の選び方でも派手なマフラーを選択して異彩を放っていると、それをどこで就活先の企業の社員に見られているか分かりません。
そのためマフラー色の選び方は、柄入りはNG。派手ではない単色のマフラーこそがスーツにぴったりの色です。
就職活動を行なっている場合、どのような場所に居たとしても常に就活生である意識をもつことが大切です。
身なりに関しては、常に周りに見られているので気を配る必要があります。

マフラーの色の選び方はスーツとのバランスを考えた上でイメージダウンにならないよう注意!

以上マフラーの色の選び方で就活生が気をつけることをご紹介しました。
マフラー色の選び方といえども、就職活動においては大きなイメージダウンになる場合が考えられます。
そのため、たかがマフラーされどマフラーという意識を持ち、スーツの上に着用しても問題のないカラーをチョイスするように心がけましょう。
ですからいつ、だれに見られても大丈夫な就活スタイルでいることが望ましいです。
就活生は学生ではなく、社会人になる一歩手前に立っています。
ぜひその自覚を忘れずに、就職活動に励んでください。