【まだ何も知らない就活生向け】トレンチコートの着こなし方 | 新卒就活.com

2016/01/27更新

【まだ何も知らない就活生向け】トレンチコートの着こなし方

スーツの上から着るコートとして、就活の定番であるトレンチコートのポイントを紹介します。
冬の就職活動で必需品となるコートですが、その種類も多くあって就活で着ていいのかなどで悩むかが多くいるかと思います。
トレンチコートであれば見た目もスタイリッシュに落ち着きますし、機能性が高いものが多くあります。

スーツの上に羽織るトレンチコートとマフラーはセットで考える

person-731425_640
冬の就活でスーツだけでは寒さを凌ぐのに厳しく、コートは必需品だと思います。
その中でもトレンチコートであれば高い機能性を有しているものが多く、社会人のほとんどが愛用しているコートであるためハズレはありません。
若い学生であれば色選びに敏感になると思いますが、就活においては派手な色はNGとなります。
そのため男性であればダークカラー系統、女性であれば加えてベージュカラーのトレンチコートを選びましょう。

~マフラーはコートと同じ系統色でまとめた方が見た目もスッキリ!!~

見落としがちなのがマフラーの色。ダークカラー系のトレンチコートにカラフルな色のマフラーを付けている就活生がいます。
男性の場合、基本的にはマフラーの色はコートの色と同じ系統の色でまとめる方が見た目的にもスッキリします。
ストライプなどの柄は自由ですので、同時に購入しておくといいでしょう。

スーツの上に羽織るトレンチコートを選ぶ際は丈の長さに注意

トレンチコートをスーツの上から羽織る時に気を付けたいのが丈の長さです。
長くても短くても見た目の印象を大きく左右する部分であるため、実際に試着することをオススメします。
男性の場合、スーツの上着の丈より長ければ問題ありません。
また女性の場合は、逆にスカート丈よりも短いものを選択してください。
パンツスーツを着る方もいるかと思いますが、スカート丈を意識して、膝上より短いトレンチコートを選ぶといいでしょう。

~男性は上着の丈より長く・女性はスカート丈よりも短いトレンチコートを!!~
就職活動で着るコートは、プライベートでも着るようなウール素材のコートなどでも問題ありません。
しかしショート丈サイズのコートが流行していることから、就活で使う前には丈の長さに気を配って欲しいところです。
誤ってショート丈のコートを着てスーツジャケットが見え隠れしているようでは、面接などで恥をかいてしまうので気を付けましょう。

スーツの上に羽織るトレンチコートはボタンの留め方に注目!

基本的な内容となりますが、トレンチコートは何を着てもいいもののフード付きであたりダッフルコートのようなカジュアル性の高いものはNGとなります。
ボタン一つ一つにも言えることで、メタリック調なボタンが付いているコートであっても印象は良くありません。
見た目の印象は非常に重要な要素となりますので、比重を置きたいポイントとなります。

~一番下のボタンは留めないのがビジネスマナー~
スーツにはボタンの留め方にルールがありますが、トレンチコートにおいても同様です。
冬の寒さを凌ぐ防寒具であるため、ボタンを全て閉じてしまいがちですが、実は一番下のボタンは留めないようにするのが正解です。
女性の場合はボタンを留めたうえでベルトを締めれば、よりスタイリッシュな印象となります。
ビジネスマナーとして常識の部類に入るとは思いますので、知らなければ今すぐ実践するようにして身に染み込ませるようにしましょう。

スーツの上に着るトレンチコートは丈の長さを考えた選び方とボタンの留め方に注意すること!

スーツの上から着るコートとしては結果的に脱ぐことになるので、カジュアルすぎるものでなければ正直なところ何でもいいのです。
トレンチコートであれば見た目の印象が引き締まるだけでなく、社会人となった先でも使えるアイテムですのでオススメです。
ただしボタンの留め方などビジネスマナーのルールが存在するため、注意しましょう。
ルールを破っていては見た目の印象がマイナスに働くため、プラスの効果を与えられるように適切な選び方としっかりと着こなし方が重要です。