就活の面接・説明会での「私服でお越しください」に対する適切な対処法 | 新卒就活.com

2017/09/19更新

就活の面接・説明会での「私服でお越しください」に対する適切な対処法

就活の面接・説明会で「私服でお越しください」は、ホントにOKなのでしょうか。
就活生・就活を控える学生向けのコラムをお届けいたします。
今回は「私服でお越しください」は、ホントに私服でOK? というトピックになります。
スーツか私服で行くかを検討している方はぜひご覧ください。

就活中に「私服でお越しください」と言われても行きにくいもの

woman-918603_960_720
就活生及び就活を控える学生の皆様こんにちは。就活コラムをお届けいたします。

企業によっては、説明会や選考で”私服可””普段着でお越しください””普段の服装で大丈夫です”と呼びかけている企業がありますが、
就活生からしますと”もしかしたら、こっそり評価されていそうで怖い”など、なかなか説明会に私服で参加しにくいかと思います。

【複数内定者ほど使っている!】情報管理を助ける就活手帳、無料プレゼント!

PR

「就活がとにかく不安。だけど何をすれば…」就活生の多くがまず直面するこの問題。解決するツールがキャリアパークで無料でプレゼントされているんです!

就活中の莫大な情報をまとめることのできる就活手帳!就活中のマナーはもちろん、エントリー企業のIDとパスワード管理などあなただけの就活手帳を作ることができます。是非ダウンロードしてみてください!

就活中に私服でお越し下さいと言われたらケース別に対応しよう!!

children-817365_960_720
まず企業側が”私服OK”と呼びかけるケースには、おもに3パターンがあります。
1,私服でも可(スーツでも私服でもOK)
2,普段着でお越しください(普段着指定)
3,服装指定

それぞれのケースで、実際どんな私服を着れば良いのか分かれてきます。実際のケース別に見ていきます。

1.私服でも可の場合

team-866663_640
“私服でも可”とある場合、スーツでも私服でも、どちらでも問題ありません。
ほかには”普段の服装で大丈夫です””普段着でもスーツでも構いません””スーツ以外でもOKです”など色々な表現はありますが、
“私服でもスーツでもどちらでも構いません”といったニュアンスであれば、結論本当にどちらでも構いません。
周りの就活生は、おそらく大半がスーツだと思うので、私服を着てあんまり周りから浮きたくない場合には無難にスーツで行くのが良いでしょう。
また、私服だとリラックスしすぎてしまうなどの不安がある場合にも、スーツで参加することをオススメします。

普段着の方が気分的に楽に臨めるという場合には、普段着で臨んでも問題ありません。その際、普段着の選び方には十分気をつけましょう。
ジーパンやTシャツで参加するのは基本的にNGです。私服や普段の服装と言っても、一定の対人マナーは守りましょう。主なNG要素として、以下を押さえておきましょう。

私服でも可のNGパターン
私服でも可のNGパターンをお教えします。
1,Tシャツなどの襟なしシャツ
2,あまりに派手な色柄シャツ
3,ジーパンなどのデニム地のパンツ
4,革ジャンなどのラフなジャケット
5,スニーカーなどの革靴以外の靴
6,帽子などの装飾品
7,ビジネス用の鞄以外の鞄(リュックなどはNG)
とは言え、結局なにがNGでなにがそうでないのか、考え出すと切りがありません。
ですので、無難な服装を押さえておきましょう。目安は「オフィスカジュアル」です。このワードで検索して頂くと、おおよそどのような服装であれば良いのか、分かるかと思います。大体、3つのポイントを押さえましょう。

1,白のワイシャツ(柄なし・襟つき)
2,黒もしくは紺のジャケット
3,黒もしくはグレーのスラックス
黒の革靴(足下だけは普段のスーツのときと同じでいきましょう)
など

就活で絶対に失敗しないマナーの基本【服装編】

2.「普段着でお越しください」の場合

woman-791874_640
では、普段着限定の場合は、どうすれば良いでしょうか。結論、普段着で行きましょう。普段着でお越しくださいと言われている以上は、その指示に従うのが無難です。普段着の目安は、上記の通りです。

ですが、そうは言っても、やはり”普段着はちょっと……”という就活生も多いと思います。

その場合、説明会であれば、スーツでもおそらく問題ないので、スーツで行くのが良いかと思います。
仮に「なぜ普段着じゃないんですか?」などと聴かれた場合(ほぼありえませんが)、「このあとほかの会社の説明会があるので」「前にほかの会社の選考に参加してたので」などと言えば問題ありません。
ですが、選考の場合は、なるべく普段着で行きましょう。普段着を指示された以上は、それに従っておくのが良いです。
どうしても不安でスーツで行きたい場合、理由を尋ねられたら上記のような理由をしっかりと説明しておきましょう。

就活生のスーツの柄がストライプである事のメリット・デメリット

3. 服装指定

bowtie-923969_960_720
アパレル系などでまれにありますが、”もっとも自分らしい服装でお越しください”など、服装を指定されるパターンです。
この場合、スーツは厳禁です。もっとも自分らしい服装がスーツであれば問題ありませんが、おそらくそんな就活生はほぼいないでしょう。このような場合、服装のセレクトのセンスも含めて、選考の評価がなされていると考えられます。
このケースの場合、ジーンズは禁止などのNG要素は考える必要はありません。
もっとも自分らしい服装とはどんなものか、それを考え抜いた結果がジーンズであれば、勇気をもって履いていきましょう。
1点、このケースの場合に気をつけておきたいのが、「なぜその服装なのか?」をキチンと説明できるようにしておくことです。

選考で服装を指示してくる以上、その理由を訊かれると考えて備えておきましょう。

就活で”私服でお越しください”と言われたらケースバイケースで服装を選ぼう

就活で”私服でお越しください”と言われたらケースバイケースで服装を選びましょう。
私服でも可の場合には、NGリストに挙げたような服は避けておくのが賢明です。服装指定がある時には「なぜその服装なのか?」をキチンと説明できるようにしておくことが重要です。
“私服でお越しください”と言われた時に備えて、この記事をお気に入りに入れておくことをオススメします。就活生の検討を祈っています!!