お礼のメールの文例まとめ【就職活動編】 | 新卒就活.com

2016/08/02更新

お礼のメールの文例まとめ【就職活動編】

お礼のメールの文例まとめをご紹介します。
ビジネスでは欠かせないお礼のメールですが、就職活動にも欠かせないものです。
就活生には送る義務はないものの、社会人として最低限のマナーです。
ですからここでの文例を参考に、ぜひ就職活動のシーンに合わせてお礼のメールを送ってみましょう。

お礼のメールの文例1,OB・OG訪問

keyboard-933090_640

就職活動の比較的初期におこなわれるOB・OG訪問。
就活生の貴重な情報収集手段であると同時に、採用する側が就活生がどのような人物かを把握する最初の機会でもあります。
それ以上に、もし採用された場合には、研修や配属先などでOB・OG訪問をした先輩とはこれから長い人間的なお付き合いをしていくことになります。
今後の人間関係のためにも、お礼のメールは出したほうが良いでしょう。

【お礼のメール文例】

株式会社○○
○○部 ○○様

○○大学 ○○学部 ○○学科の○○です。
本日はご多忙の中、貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました。
直接○○様とお話することで、業界の動向や御社での仕事内容などをうかがい知ることができ、非常に勉強になりました。
特に○○の仕事は私の興味のある分野ですので、御社の一員となって働きたいという気持ちをますます強くしました。
今後は○○様からお聞きしたお話もふまえて、さらに会社研究等を進めてまいりたいと考えております。
また何か新たに疑問点が生じた折には、あらためてご指導をいただけますと幸いです。
就職活動終了後にはあらためて結果をご報告させていただければと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

~訪問した時の感想や印象に残ったエピソードを盛り込むと良い!~

内容としては、実際に訪問の際に聞いた話を盛り込むと、相手に自分の話をちゃんと聞いていてくれたのだという好印象を与えることができます。

お礼のメールの文例2,会社説明会

続いては、会社説明会に出席したあとのお礼のメールについてです。
会社説明会は、企業の規模にもよりますが、大企業では数千人もの就活生が受けるものですから、そのお礼のメールも相当数にあるはずです。

~テンプレートをベースにしたメールで充分!~

この段階で採用担当者がひとつひとつのメールに目を通し、優秀な人材を選別するというようなコストはかけるはずがありません。
とするなら、お礼のメールを出すのであればそれは形式的なもの、テンプレート的なメールでもかまいません。この段階で個性を出す必要はまったくありません。


【お礼のメール文例】
株式会社○○
○○部 ○○様

○○大学 ○○学部 ○○学科の○○です。
本日は御社の会社説明会に参加させていただき、誠にありがとうございました。
御社の具体的な業務内容についてのお話をうかがい、御社で働きたいという思いがいっそう強くなりました。
本日いただきました資料にもしっかりと目を通し、御社への理解をさらに深め、今後の採用試験に臨みたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

この程度で充分です。ネットで検索すると出てくるテンプレートなども利用して効率化をはかりましょう。

お礼のメールの文例3,採用面接

さて、最後に採用面接を受けたあとのお礼のメールについてです。
面接の段階に進むと、採用希望者は大幅に絞られ、人事の担当者も会社説明会の段階よりは丁寧に、ひとりひとりに目配りをするようになりますので、きちんとしたお礼のメールを送らなければなりません。

~シンプル且つ印象に残るようなインパクトな要素が必要!~

とはいえ、採用時期の人事担当者は多忙ですので、あまり冗長でまわりくどいメールを読ませる結果になっては、かえって印象を悪くしかねません。
そこで、採用面接後のお礼のメールはシンプルで力強く印象に残りやすいメールをこころがけましょう。

【お礼のメール文例】
株式会社○○
○○部 ○○様

○○大学 ○○学部 ○○学科の○○です。
本日はご多忙の折、面接の機会をたまわり、誠にありがとうございました。
本日の面接では、短い時間ではありましたが、○○に関するお話などをさせていただくことができ、ありのままの自分をお伝えできたと思っております。
今回の面接試験を通じて、改めて御社の社員として働きたいという思いが強くなりました。
ぜひとも良いご連絡がいただけますよう祈っております。
末筆ながら、ご面談のお礼を申し上げますとともに、御社の益々のご発展をお祈り申し上げます。

ポイントとしては、面接の際に特に盛り上がった話題があった場合は、それを内容に盛り込むと良いでしょう。

お礼のメールは文例を参考にしながら就職活動のシーン別に書くこと

就職活動に欠かせないお礼のメールの文例まとめをご紹介しました。
このように、ひとえに就職活動中のお礼のメールと言っても、各段階によって注意すべきポイントは違ってきます。

・OB・OG訪問の場合あとは人間関係を重視したお礼のメール
・会社説明のあとは担当者を煩わせないお礼のメール
・面接試験のあとは面接官の印象に訴えるお礼のメール

シーン別にお礼のメール送ることが就活では重要になってくるでしょう。
上記文例をぜひとも参考にしてください。
以上に注意して、これからも就職活動をがんばってくださいね!