お礼のメールの書き方とポイント | 新卒就活.com

2016/09/20更新

お礼のメールの書き方とポイント

就職活動をしているときには様々な人たちと出会うものです。
その中でお世話になった人たちには、ぜひきちんとお礼のメールを書きたいものです。
今回は、就活の際にはかかせない、お礼のメールの書き方についてご紹介したいと思います。

会社説明会の後のお礼のメールの書き方

keyboard-70506_640
まずは、気になる会社があればみなさん会社説明会に参加することが多いと思います。
その会社説明会の後に送る「お礼のメール」の書き方をご紹介しましょう。

件名は、「会社説明会参加のお礼」などと書き、わかりやすくするように、会社説明会がおこなわれた日付を記入しておくのもよいでしょう。
メールの本文には、まずは、会社説明会に行った会社名、人事部などの担当者の名前もわかれば左上に記入しておきます。
「貴社の会社説明会に先日参加させていただきました、△△大学○○学部△△学科の△△○○と申します。このたびはお忙しいところお時間をいただき誠にありがとうございました。」などと、自分の名前をのべ、忙しいところ時間をさいてくれた相手へのお礼の言葉を記入します。

~内容が一目で分かる件名がポイント!~

さらに人事部の方にアピールするためにお礼のメールの書き方としてはここまでが一般的なことがらなのです。
この後もできるだけ会社に対してあなたが抱いた良い印象などを付け加えて是非入社をしたいと思ったことを印象づけたいものです。_x000D_

面接の後のお礼のメールの書き方

面接を受けた後にもきちんとお礼のメールを書いておきたいものです。
面接後のお礼のメールの書き方をご紹介しましょう。 
面接後のお礼のメールの書き方も基本的には、会社説明会の後のお礼のメールの書き方と同じです。
件名は「面接のお礼」などわかりやすく書きます。
日付も書いておいてもよいでしょう。
できるだけその当日、遅くとも翌日までには送りたいものです。

~面接の挽回をメールで図る!入社への意欲を盛り込もう!~

本文は左上に会社名、人事部の担当者の名前を正確に記入し、「本日面接していただいた△△大学○○学部△△学科の△△○○と申します。このたびはお忙しいところ面接の機会をいただき誠にありがとうございました。」などと、自分の大学の学部や学科名前をのべ、忙しいところ時間をさいて面接をしてくれた相手へのお礼の言葉をまず記入します。
更に人事部のかたにアピールするためにもし、面接で緊張して本当の自分が出せなかったなと感じたときなどは、「面接時には第一希望の会社ですので大変緊張をしておりましたが、貴社の経営方針を知り、ますます貴社で一緒に仕事をさせていただきたい気持ちが強まりました。」などとどうしても入りたい意欲を書きたいものです。

お礼のメールの最後の書き方

お礼のメールの最後のしめの文の書き方が難しいなと感じる方もおられるかもしれません。
ですが難しく考える必要はありません。
最後には、「末筆ながら、○○(会社説明会や面接など)のお礼を申し上げますとともに、貴社のご発展と社員皆様のご多幸をお祈りいたします。」などとしめくくると、人事の方もきちんとしたお礼のメールの書き方と感じるでしょう。

~お礼メールは気配りが大事!最後に署名を忘れないこと!~

面接などをしてもらった人の中に、担当者以外の人もいてメールアドレスなどがわからないような場合には「お忙しい中、面接をしていただいた○○様××様にも、よろしくお伝えくださいませ」などと書いておくと気配りがある人物であると印象付けることができます。
最後には、署名をつけて、きちんとあなたから送ったメールであるということがわかるようにしましょう。

お礼メールは一目で用件が分かる件名や気配りを感じさせる書き方が重要!

さて、今回は就職活動におけるお礼のメールの書き方についてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。
メールの件名などは簡潔にわかりやすく書くことが大切です。
お礼のメールの書き方に気を付けて、ぜひ希望する会社に合格したいものですね。