お礼メールのお礼の書き方について | 新卒就活.com

2016/09/20更新

お礼メールのお礼の書き方について

就活をするときに、様々なチャンスをもらい、そのお礼メールを送りますよね。
では、そのお礼メールのお礼はどうしたら良いのでしょうか。自分で一生懸命書いたお礼メールに、企業サイドの人がお返事をくれたら、更にお礼は伝えたいものです。どのようなメールを送れるかで、あなたの就活スキルが問われます。

お礼メールのお礼は絶対に送ること!

PAK85_coding15095904-thumb-815xauto-18356
新卒の就職活動であれば、同じ学校出身の先輩にOB訪問をさせてもらったり、説明会に参加して質問をさせてもらったり、色々な機会がありますよね。
このお礼メールに対して、企業サイドの方が返信をくれるでしょう。
お礼メールのお礼が出来ることで、あなたのビジネススキルをアピールすることが出来るのです。

●あなたの常識をアピールする+相手にとっても確認になる!

お礼メールのお礼を送ることは、あなたの常識やビジネスマナー心得をアピールすることにも繋がりますが、同時に「送って頂いたメールを確かに拝見しました」という確認のメールにもなります。
実際のビジネスシーンになれば、連絡がきちんと行き届いているかどうかは重要なポイントになります。
特にメールのようなツールの場合、思わぬ出来事で相手に届かない場合もありますから、注意する必要があるのです。
その社会人としてのビジネスの練習にもなるというわけですね。

お礼メールのお礼をする際の注意点

お礼メールのお礼の場合、特に質問の返信等が必要でなければ、メールの文面に記載すべきことは、「返信への感謝」です。
前述した通り、メールを送ることで確かに連絡が届いているという確認にもなりますからね。
そのため、ついその旨だけを記載してしまいがちですが、メールの正しいフォーマットはきちんと守らなくてはいけません。

●宛名と挨拶は絶対に忘れずに書くこと!

企業サイドの方が、忙しい中わざわざ連絡を返してくれたという感謝の気持ちをきちんと持つようにしましょう。
宛名には、お礼メール時と同様にきちんと相手の会社名、部署名、役職名、名前をきちんと書いてください。
そして、「お忙しい中、わざわざご返信を頂き誠にありがとうございます」といった文言を必ず記したお礼メールのお礼になるようにしてください。

お礼メールのお礼はわかりやすくシンプルに!

一通目のお礼メールでは、OB訪問や説明会、面接などのお礼を告げますよね。
その日どのようなことが勉強になったか、企業サイドの人にしてもらったことでどんなことが印象に残ったか、どんな感想を抱いたかなどを、正しいマナーで記すこととなるでしょう。
お礼メールのお礼で同じことをまた何度も送ってしまうと、相手にも「また同じことを言っている」と思われてしまう可能性があります。
しかし、お礼の文章だけではあまりに短くて不安だということはありますよね。

●お礼メールの内容を簡略化して記しておこう

説明会のお礼メールであれば、「御社の事業について様々なことを知ることが出来て、大変勉強になりました」といった文を、もう一度添えておきましょう。1、2文程度で構いません。
書き方はお礼メールのときと少し言葉を変えておくのが良いですね。

更に、「短文ではありますが、取り急ぎお礼を送らせて頂きました」と終わりにつけることで、あなたの丁寧さもきちんとアピールすることが出来るでしょう。お礼メールのお礼は、シンプルで簡潔にまとめることがポイントです。

お礼メールのお礼は相手への感謝の気持ちを丁寧に伝えることが重要!

お礼メールのお礼は、相手の気遣いに対する感謝の気持ちを伝えるものです。
これは実際に社会に出て働くことになったときに、絶対に必要になるものでもあります。
就職活動の段階から、きちんと身に着けていけるように実践していきましょう。