お礼メールの文例まとめ | 新卒就活.com

2016/08/30更新

お礼メールの文例まとめ

お礼メールの文例を参考に一度書いてみることをオススメします。
会社説明会の後、OB・OG訪問の後、面接の後、などなど用途は様々です。
人によっては、何通ものお礼メールを企業に送ることもあるでしょう。
ここではお礼メールの文例を紹介しますので、参考にしてみてください。

お礼メールはどんなときに送る!?

letter-761653_640
就職活動において、お礼メールを送る必要がある場面は様々あります。
企業説明会の連絡や企業説明会後、面接の連絡や面接後、OB・OG訪問のお礼メールと場合によっては1企業に対し何通ものお礼メールを送ることになります。

~お礼メールはその日のうちに送ること~

そのため就活生は、しっかりとお礼メールのマナーと書き方を学ぶとよいでしょう。
そこで今回は文例を交えつつ、お礼メールの書き方についてご紹介します。
文例を紹介する前に、お礼メールはお礼の対象である事柄が終了してから確実に24時間以内の送りましょう。
これはお礼メールを送る際の基礎中の基礎となっています。

お礼メール文例1【企業説明会後】

【例文】

株式会社○○ 人事部 ○○様

お世話になっております。○○大学○○部の○○です。
先日は、貴重なお時間を企業説明会に割いていただき有難うございました。
○○様を話を伺い、企業の経営理念や今後の展望に触れることで貴社で働きたいという想いがますます強くなった次第です。
特に「当社では開発から販売にかけて全てが顧客目線で行われている」という話に共感致しました。
現在大学にて○○について学んでいますが、○○様のお話をうかがい○○についても学んでみようと考えております。
今回はお礼にと思い、ご連絡差し上げました。
今後とも、何卒よろしくお願い致します。

以上が企業説明会後のお礼メール文例です。
次項でも続けてお礼メールの文例をご紹介します。

お礼メール文例2【採用面接後】

前項に続き、お礼メールの文例をご紹介します。

【例文】

株式会社○○ 人事部 ○○様

お世話になっております。○○大学○○学部の○○です。
先日は貴重なお時間を面接に割いていただき、誠に有難うございました。
面接時は正直非常に緊張しましたが、○○様の迎え入れてくれている雰囲気により落ち着いて話すことが出来ました。
さらに企業説明会では知り得なかったこともご説明いただき、貴社で働く意欲がさらに高まりました。
貴社で働くことを想像しなが、今後の日々を過ごしていこうと思います。
今後とも、何卒ご指導のほどよろしくお願い致します。


以上が採用面接後のお礼メール文例になります。

お礼メールは文例を参考に!件名は簡潔に書こう!!

いかがでしょうか?
今回はお礼メールの書き方を文例を交えてご紹介しまいた。
まずお礼メールの始めは誰宛に送ったものなのかしっかりと分かるように、社名と担当者名をしっかりと書きましょう。
会社名は(株)等略さずに書きましょう。

文例では書いてありませんが、件名に関しては簡潔に書くよう心がけましょう。
例として「採用面接のお礼(○○大学○○)」というようにわかりやすく書くことが重要です。
今回ご紹介した文例はあくまで例なので、これを丸々コピーしたりすることは絶対しないように。
自分で考えたお礼メールを送りましょう。