お礼メールの書き方とポイントについて | 新卒就活.com

2016/08/02更新

お礼メールの書き方とポイントについて

お礼メールの書き方とポイントについてご紹介します。
お礼メールの書き方、熟知していますか?ただお礼を述べるだけでは実は少しばかり足りないのです。
お礼メールの書き方をしっかりとマスターし、好印象かつ次につながるような『ビジネスツール』としてのお礼メールを送れるようにしましょう。

お礼メールの書き方1,参考例文

PAK73_MBAsawarukey20140312500-thumb-1000xauto-4542
ビジネスシーンでは、お礼メールの書き方を理解しているかどうかによって、成果に大きな違いが出てくることもあります。
こと営業職にとっては、取引先やお客様と次につながるために、小さな気遣いと工夫が必要です。
まずは下記の例文を参考に、「お礼メールの書き方とは?」という視点を持って一度目を通してみましょう。

~お礼メール例文【打ち合わせ】~

【件名】
「ABCラーメン」打ち合わせのお礼

【本文】
〇△◇株式会社 商品開発部
野崎 輝男様

日頃より大変お世話になっております。
株式会社 田中商事、物販営業部の田中一郎です。

本日は、お忙しい中お時間を割いていただき、
誠にありがとうございました。

弊社の新商品「ABCラーメン」について、
野崎様をはじめ、みなさまからたくさんの有益な進言を
いただきましたこと、厚くお礼を申し上げます。

これから御社のご要望に譲ったかたちで、
共同販促計画を推進していく所存です。

次回の打ち合わせに関しましては、
販促グッスについて、さらに詰めていきたいと考えております。
今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

****************************
株式会社 田中商事 物販営業部
田中 一郎(タナカ イチロウ)
〒123-7890
東京都大田区〇〇町12-3 4F
TEL:03-1234-5678(直通)
03-1234-5678 (代表)
FAX:03-1234-5678
****************************

お礼メールの書き方2,全体の構成

お礼メールの書き方は、ただ単純にお礼の言葉を送ればいいというわけではありません。
「なぜ感謝の言葉を述べるのか」と自分に問うたとき、「社会人だから」と安直に考えてしまっていませんか?
お礼メールは大事な方々との関係を続けるため、しっかりと構成を考えてから送るようにしなくてはなりません。

~お礼は必ず最初に入れること!!~

お礼メールの書き方における全体構成は、
1,お礼 2,報告 3,付随報告 4,次案、の4つをせめて組み込みましょう。
上記の例文になぞって見てみると、まずは時間を割いてくれたことのお礼+商品に関する提言のお礼を述べています。
この時間を割いてくれたことへのお礼は必ず最初に入れるようにしましょう。
そして計画推進の報告をし、次回の打ち合わせ内容の案出しをし、ここで簡潔に済ませています。
このことはしっかりと盛り込むことで、好印象かつ次へとつながるメールの内容にしているのです。

お礼メールの書き方3,注意点

先にも述べましたが、お礼メールは「ただのお礼」になってしまわないよう注意です。
なにかにつけてお礼の言葉をくっつけるのではなく、そのメールを読んだ相手が「不快にならない」ようなお礼メールの書き方をしようということです次につながる内容にするまえに、こういった気遣いもできるようにしなくてはなりません。

~相手の気持ちになって読み返すことが重要!~

「こっちはお礼を言うのだから……」とふんぞり返る姿勢は一切出さないようにしましょう。
たとえば、忙しい時間帯に電話したら迷惑だからお礼はメールで。念入りに感謝の気持ちを述べるべきだからお礼はメールで。など、そういった気遣いはビジネスという場では常に持ち合わせておくようにしましょう。
お礼メールを送る前に、まずは軽く一読して、内容に不備や誤字脱字がないかもチェックするよう心がけてください。

お礼メールの書き方は気遣いが重要!次につなげる意識をもつこと

お礼メールの書き方と注意点について、例文を参考にまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。
お礼メールはただ「ありがとうございます」と述べただけでは、なんの力も持ちません。
ビジネスでは、信頼関係を継続していくことが大事です。
そのため、気遣いがあり、次に繋がるようなお礼メールの書き方を意識しておく必要があるのです。