履歴書の書き方で注意したいポイント4選! | 新卒就活.com

2016/08/29更新

履歴書の書き方で注意したいポイント4選!

履歴書の書き方についてお教えします。

就活を始めてみたものの、履歴書の書き方が分からずに困っている就活生も多いでしょう。
履歴書の最低限の書き方さえしっていれば、面接官に失礼のない履歴書の提出が出来るでしょう。是非、参考にしてくださいね。

履歴書の書き方を知っていれば面接を楽々通過出来る!?

79
履歴書の書き方は知っているようで知らないもの。
どのようにして履歴書をかけばいいのかや、履歴書の書き方の注意点についてご紹介します。就活は履歴書作りから始まると行ってもいいでしょう。
きちんとした履歴書を作成しないと、気持ちはあるのに受からないという事態になりかねません。
ワープロで作成してもOKという企業が多い反面まだまだ手書きの履歴書を作成するという企業がほとんどです。

◆履歴書では誤字・脱字に注意しよう!!◆

面接の時間は短いので採用担当者は履歴書やその人の第一印象を見ているのです。その意味でも履歴書はきちんと書くようにしたいですね。例えば、30社面接を受ける場合には履歴書も30通作成する必要があります。めんどくさい部分はありますが、きちんと作成をするようにしましょう。まずは丁寧にきれいな字で書くことと誤字脱字に注意しましょう。

どのような履歴書であれば採用されるのか?

2
採用されやすい履歴書とはどのようなものでしょうか?
まずは、余白がなくて8割方埋まっているものが良いですよね。
また、写真が曲がって貼られていたり、履歴書に汚れが付いているものもよくありません。メールアドレスの記入欄もきちんと記載をして、書き間違いがない履歴書の書き方をしましょう。

◆志望動機や自己PRが8割方埋まっているもの!熱意は相手に伝わる◆

履歴書で志望動機や、本人希望記入欄をめんどくさいからという理由で全て同じにしている人がいますが、実はこれはNG。その企業に合った志望動機や本人希望記入欄を作成するようにしましょう。その企業が出している求人内容をよく読んで、どのような人材が求められているのか?などを踏まえた上で履歴書の書き方を考えてみましょう。

履歴書で一番大事なのは志望動機

road-368719_1280
履歴書は字をきれいに書くということや誤字脱字に注意するという点を除けば、一番企業の採用担当者が見ているのが志望動機になります。どうしてその企業を就職先に選んだのか?また、どのような志望動機があるのか?という点についてはきちんと書くようにしましょう。志望動機がうまくかけないという人は市販されている履歴書の書き方などの書籍などを参考にして書くようにしましょう。

◆その企業でしたい仕事に関係した経験をPRしよう!◆

志望動機で書くといいのが自分の経験です。同じ業種でアルバイトをしたことがあるということでもいいでしょうし、営業の仕事であれば、学生時代、部活動をしており体力があるという内容でもいいのです。自分がその企業にどのような貢献ができるのかということについて書くようにしましょう。自分の熱意やその企業に対する思いが伝わるような履歴書の書き方にするといいのです。

履歴書で書く事は面接で話す事だと意識しよう!

自分の名刺の代わりが履歴書といえるでしょう。
まずは、相手に自分がどのような経歴をもっており、どのような仕事をしたいのか?ということを知ってもらうのが履歴書になります。
そして、履歴書で書くことが面接で話す事だと意識するのが重要です。

◆履歴書には面接で話す事を端的に表した書き方にしよう!!◆

まずは履歴書をキチンと書けるようにしましょう。
今まで書類選考で落とされていた人も、面接まで通過しやすくなるのです。服装や第一印象と同じぐらいに履歴書をキチンと書くようにしたいですね。そうすることで面接官からも好評価を受けることになるでしょう。

履歴書の書き方は丁寧さが大事!面接でのPRを意識した記載をしよう!

履歴書の書き方は丁寧さが大事!面接でのPRを意識した記載をしましょう。
誤字・脱字に注意して、見やすさを意識した履歴書作りが大事です。
面接に行くにあたっての、最初の関門だと考えて、何度も推敲を重ねてください。
友達に見せて、添削して貰うのも良いでしょうね。
是非、この記事を参考に就活の第一関門を突破しましょう!!