就職の面接を受ける際の服装について【女性編】 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

就職の面接を受ける際の服装について【女性編】

就職の面接を受ける際の服装について、今回は女性についてご紹介していきます。
女性の社会進出が活発化してきている現在ですが、女性が面接を受ける場合、どのような服装で臨みどういった点に注意をすればよいのでしょうか。
面接時に好印象となる服装を考えて見ましょう。

就職の面接における女性の服装1,地味な色合いがベスト!!

cc-library010009685
女性が就職活動で面接を受ける場合の服装は、出来るだけ目立たないものがベストだといえます。
よく面接はアピールした人が有利だと考えている人が多いようですが、そのアピールは外見ではなく、内面や自分の能力をアピールする必要があり、服装で目だってアピールしても何の意味もありません。

~女性はシンプルで清潔感のある身なりが好印象~

そのため女性が着用すべき就職活動における服装は、シンプルで清潔感があるものが最も好ましいといえます。
面接における服装に華美な装飾や派手さは必要なく、むしろその方がマイナス印象が強くなってしまいます。
もちろん服装に合わせたメイクというものも必要ですし、アクセサリーなどは出来るだけ付けない方が良いといえますので、面接というものをもっと真摯に考える必要があるでしょう。

就職の面接における女性の服装2,自己主張は抑えるべし

就職での面接における服装は、着ている女性の内面をも映し出す写し鏡といっても過言ではありません。
例えば面接に場違いな赤いジャケットにミニスカート、派手な化粧をした女性が面接に来た場合、面接官はどのように思うでしょうか。
もちろん面接自体を馬鹿にしていると考える面接官が多く、その人の能力やスキル、話術などがいくら優れていても外見だけで面接が不合格になってしまうわけです。

~派手めの服装や甘美なものは就職の面接ではNG!~

面接での印象はいくら能力が高い人であってもそれを打ち消してしまうほどのマイナス要素があるといえます。
そのため派手、華美といった服装は就職の面接ではNGといえますし、むしろ地味な格好に見えるくらいのほうが、清潔感があり真面目な印象を与えることが出来るといえます。

就職の面接における女性の服装3,丈の長さやヒールの高さにも注意

女性が就職で面接を受ける場合の服装の基本は、黒やグレーのシンプルなスーツ、中のシャツは無地で派手でないもの、靴は黒のパンプス、ストッキングはベージュが基本となります。
髪の毛の色に関しても金髪などはNGだといえます。スカートの長さやジャケットの丈、パンプスのヒールの高さといった些細なことも面接では見られていますので、そういった所にも気をつける必要があります。

~ナチュラルメイクで透明感ある感じに仕上げると服装とマッチする!~

自分が受ける面接はアルバイトの面接ではなく、人生の大半を過ごすであろう就職のための面接であることをしっかり頭に入れて、企業の担当者に嫌な印象を与えないということが重要になります。
服装はばっちりでも、メイクが異常に派手というのもマイナスといえますから、メイクはナチュラルメイクで透明感ある感じに仕上げると服装ともマッチするでしょう。

就職の面接を受ける際の女性の服装で重要なのは個性を主張し過ぎないこと!

女性といえども面接で担当者が手を抜くということはありませんし、会社の戦力、会社の代表として社員を雇うわけですから、やはり服装の乱れなどには非常に厳しいといえます。
そのため好印象となる服装をチョイスして、アピールは内面やスキルをアピールするように心がけましょう。
あなたが受ける面接はアルバイトの面接ではなく、人生の大半を過ごすであろう就職のための面接であることをしっかり頭に入れておくことも大事です。