どこの企業も求めている能力・適性とは? | 新卒就活.com

2016/08/24更新

どこの企業も求めている能力・適性とは?

就活生のなかには、100社近く受けても残念ながら内定が獲得できない学生がいる一方、多くの業界・企業から何社も内定を獲得する学生がいます。ですが、業界や企業が違えば、それだけ求められている能力が異なってきます。それでは、後者の就活生たちは一体、どうやってそれだけ幅広い業界や企業から内定を獲得したのでしょうか。

1. 企業が求める能力・適性には共通点がある

まず前提として、企業が求める能力には共通点があります。それはつまり「どこの企業も欲している能力がある」ということです。ここで、いくつか簡単に列挙してみたいと思います。

・課題を発見する力
文字通り、課題を発見する力です。ある物事に取り組む時などに、解決すべき課題が何なのかを見抜く力になります。これをアピールする為には、実際に何らかの課題を分析・発見したエピソードを伝えれば大丈夫です。たとえば、アルバイトでは「売上げが改善しない」「アルバイトが真面目に仕事に取り組まない」といったエピソード。サークル・部活では「幽霊部員が多い」「成果が出ない」といったエピソードです。

・課題を解決する力
発見した課題を解決する為の力です。ここでポイントとなるのは、課題発見力と課題解決力はセットであるということです。課題は発見するだけでは意味がありません。それを解決してこそです。この力をアピールする為には、上記のような発見した課題を解決まで結びつけたエピソードを伝えれば大丈夫です。また、解決まで結びつかずとも、なぜ結びつかなかったのかをキチンと反省できていれば問題ありません。


・コミュニケーション能力
定番ですが、コミュニケーション能力はあらゆる企業が求めています。それは、大半の企業が選考で面接を課していることからも分かります。
コミュニケーション能力は、面接の受け答え自体でアピールします。企業もこの能力を見極める為に面接を課しているからです。その為、「あなたの強みは何ですか?」と聴かれて「コミュニケーション能力です」と答えるのは勿体ないです。この質問では、別の強みをアピールしましょう。

参考記事
【就活コラム】就活で一歩先を!企業が求める本当のコミュニケーション能力
自己PRは一つじゃないといけない?複数自己PRのススメ

・論理的思考力
これも定番ですが、論理的思考力です。論理的思考力については、以下の記事を参照して下さい。

参考記事
論理的思考力って具体的にどんなもの?
論理的に考える力を身につけるにはどうすればよいのか

これも、何か特定のエピソードでアピールするよりも、面接全体でアピールするイメージです。と言うのも、志望動機も自己PRも、そもそも「論理的でなければ(ロジカルでなければ)」相手に響くことはない(→内定は出ない)からです。


・主体性
「主体的に動ける人」というフレーズも、就活の中で多く耳にすると思います。これには主に2つの意味があると考えておきましょう。
1つは「人から言われなくても、自分で必要なことを見つけて取り組めること」です。単に指示を待つだけの人材を企業は求めていません。常に自分で状況を見ながら、その時々で必要なことに取り組んで行く、そうした前向きな姿勢を求めています。
またもう1つは「分からないことでも、とりあえずやってみようと思えること」です。この適性がない就活生が意外と多いです。何も分からないことでも、とりあえず調べながらやってみる、手探りでも取り組んでみる、そうした姿勢を企業は求めています。大企業は最初に研修などがありますが、ベンチャー企業では仕事をいきなり丸投げにされることも少なくありません。

・ストレス耐性
働いていれば上司や客先から怒られたり、なかなか成果が出なくて不安になったりします。そうした中でも冷静に状況を分析して改善・達成を目指せる人が求められています。
少し前に「新卒3割3年」という標語が話題となりました。これは、新卒入社の3割が3年以内に最初の会社を離職していることを表しています。企業は長く働いてくれる就活生を優先して採用してきます。その為、仕事が辛くても頑張れるストレス耐性の高い就活生を求めています。
これをアピールするには、困難を乗り越えた経験が効果的です。出来れば入社後に想定されるであろうものと似たような困難だと望ましいです。例えば、顧客からのクレーム対応が頻繁な仕事に応募する場合は、アルバイトでクレーム対応をこなしてきた経験などです。


・協調性
日本企業の特徴は年功序列と終身雇用です。要は「長くいればいるほど、給料が上がっていく」という仕組みです。これがあった為、企業から人が流出せず、日本企業は技術力や連帯感を強化してくることができました。
最近では成果主義の導入なども叫ばれていますが、まだまだ日系大企業は伝統的な「年功序列・終身雇用」を色濃く残しています。その中で大切になってくるのが「協調性」です。長きに亘って働くわけですから、周囲の社員と柔軟に付き合っていけないと思われる就活生は採用に至りません。

参考記事
グループワークの目的から見えてくる評価基準

2. 企業ごとに力の発揮の仕方を変えよう

しかし、これらの力を単にアピールするだけでは企業に響きません。大切なのは、こうした力を企業で「どう発揮できるのか?」を固めることです。
多岐に亘る業界から数多くの内定を獲得する就活生でも、特に多くの力を持っているわけではありません。ですが、それでも多くの企業から内定を獲得することはできます。その理由は「大半の企業が求めている能力に大差はないから」です。

では、一体何が違うのか? それは「企業でどう力を発揮するか?」です。
同じ力を持っていても、それをどう企業で発揮して貢献できるのか、そこを明確に語れる就活生は面接を通過し、単に力のアピールに止まっているだけの学生は落ちてしまいます。
つまり、強みのアピールは自己分析だけでは不十分ということです。それ以上に「企業研究」で差がつくということです。

仕事の難しさはどういった点にあるのか、そこで求められる力は何なのか、そうした現場の細かい仕事内容まで含めたアピールだからこそ、面接官に響くわけです。

以上、企業の多くが求めている能力・適性についてでした。重要なのは「どんな能力・適性を持っているのか」ということ以上に「それをどう発揮して企業に貢献してくれるのか」ということです。企業研究をしっかり準備して、企業に響く自己PRを完成させておきましょう。