【NG例あり解説つき】自己PRでアルバイト経験を活かす秘訣 | 新卒就活.com

2016/08/24更新

【NG例あり解説つき】自己PRでアルバイト経験を活かす秘訣

自己PRの内容にお悩みではないでしょうか。アルバイトの経験を活かしたい場合、なかなかアピールポイントが見つからない方も多いかもしれませんね。実は、ありふれたように思える題材でも、少しの工夫や着眼点で全く違ったものにできるのです。
ここでは、自己PRでアルバイト経験を活かす秘訣についてご紹介します。

ただ経験を書くだけでは魅力が伝わらないことが多い

26

自己PRを書くときは、何か特別なことを書かなくてはと頭を悩ます人が多いのではないでしょうか。
この悩みの原因は、特別な題材・変わった経験を書くから解消するという問題ではありません。自己PRではアルバイト経験を活かすことができるのです。しかし、ただ経験を書くだけでは魅力が伝わりにくいとされています。なぜなのでしょうか。

企業が欲する自己PRは就活生が書く自己PR と異なる

採用するにあたり、面接官は就活生からアルバイト経験の話を単純に聞きたいのではありません。そのため、企業が欲する自己PRと就活生が捉える自己PRは異なる場合があるのです。
そのため自己PRを書くとき、苦労してしまう状況が発生するのです。

あなたが会社で貢献できる人材なのか見極められている

では、企業はどのような就活生の自己PRを欲しているのでしょうか。企業は、あなたが会社で貢献できる人材なのかを見極めているのです。どんな風に仕事をするのか、どのように目標を達成するのか。この判断から一緒にしたいと思える人材かが見極められています。
そのためには、今まで経験・学習した内容を具体的に伝えることがポイントになります。

アピールする内容を探す秘密のテクニック

lgf01a201501241400

そうとは分かっていても、アルバイトはどのように経験をどのように活かせばいか分からないと悩む方は、バイトを振り返る必要があるでしょう。一体、どのようなテクニックがあるのでしょうか。

細かく項目を分けると経験を振り返ることができる

① バイトで好きだったこと・褒められたこと・挑戦したこと・達成したこと……
これらを整理して書き並べます。
② そこから学んだこと・身についた技術を⇒で書いてください。
③ 企業が求める人物像にリンクするような項目を探します。
すると、アルバイト経験の中でも自己PRに使える項目が明らかになります。

このように、項目を分けると、アルバイト経験を詳しく振り返ることができます。そして、「アルバイトを頑張りました」アピールではなく、個性にあふれた内容を作成することができるでしょう。

自己PRを作成するための手順

ここでは、上記の内容を踏まえて、自己PRを作成する手順を紹介します。

★★★★★★★★★★★
強みを紹介
⇒経験内容・達成したこと
⇒身につけた技術・学んだ内容
⇒会社に入ってどのように貢献できるか
★★★★★★★★★★★

そもそも、アルバイトは、社会人経験ではありません。自己PRで使う際は、社会人になってから役に立つであろう経験や活かせるであろう経験としてみなされます。
不安になることもありますが、そこにはアルバイトを続けた理由があるはずです。あなたらしさが活きた長所を探りましょう。

実際に自己PRを書いてみよう~NG例・OK例の比較~

-shared-img-thumb-Green5_bite20141123160246_TP_V

実際、アルバイト経験から自己PRを書いてみましょう。ここでは、例を参考に解説つきでご紹介します。

アルバイト経験から自己PRを書いたときのNG例

【例文】
「飲食店のアルバイト先で、店長をしています。仕事の速さと、オーナーからの信頼は最もあるのではないかと感じます。今後もこのようにスピードを意識して、信頼される社会人になります。」

【解説】
頑張っていたのに業績の深堀りが足りない

このPRですが、アルバイト先で信頼されていることは、大切ですね。そして、仕事する速さだってとても重要です。バイト先で、店長までに昇格出来るだけの人材なのでしょう。
就活生として、店長をやっていてすごいでしょう、というアピールをしています。それを面接官に訴えても確かな反応は得られないかもしれません。なぜなら、面接官が、アルバイトでも店長が務まる職場で働いているのでは、と思う可能性があります。
この場合は、どのように工夫して仕事をしているか。課題を解決した経験などを付け加えるとよいのではないでしょうか。

アルバイト経験から自己PRを書いたときのOK例

【例文】
「私は、業務を効率化して仕事をすることができます。
飲食店のアルバイトを3年間続けてまいりました。その際、お客様が何を求めているのかを実際に考え、素早く丁寧な対応を心がけました。トラブルが起きた際も、誠心誠意対応すれば、最終的には落ち着いていただけることを学びました。また、お店の雰囲気を良くするために、定期的に働いている仲間と懇親会を開き、お店を良くする方法を話しあいました。その結果、来客数を大幅に増やすことができ、オーナーからの推薦で、アルバイトで初の店長になることができました。
このような経験を活かして、会社でも周囲と協力し、業績を伸ばす働きをしたいと考えております。」

【解説】
アピールしている能力の裏付けがある

この内容は、「3年間休まずアルバイトを続け、その仕事ぶりがオーナーに認められた」ことです。この場合は、具体的な経緯⇒努力⇒結果が説明され、アピール力が高いでしょう。
また、コミュニケーション能力・スピード・課題解決力もアピールできます。社会人になって役に立つような経験は、評価が高いのではないでしょうか。

アルバイト経験を自己PRで活かすなら経緯や結果から会社に貢献できる人材だと伝えよう

tulip-792011_960_720
就活は2面性があります。学生は将来自分が生きる場所を探します。一方、会社では業績を伸ばすために力になってくれる仲間を探しています。その選考を通過するためには、自己PRで学生の長所が面接官に伝わらなければいけません。つまり、自己PRは長所を伝える大事なポイントです。
アルバイト経験から自己PRを作成するときは、経緯や結果の流れを丁寧にとらえます。自分が会社でできることは何か。それはなぜか。整理して伝えると、面接で話が広がりやすくなるはずです。険しい道もあきらめずに、頑張ってくださいね。