インターンで内定を勝ち取るために必要な知識とは | 新卒就活.com

2016/09/05更新

インターンで内定を勝ち取るために必要な知識とは

インターンで内定を勝ち取るために必要な知識をご存知ですか?
インターンで内定を勝ち取るには、まずインターンの種類や特徴を知らなければなりません。
種類によっては内定に繋がらないインターンなども存在します。
ここでインターンで内定を勝ち取るために必要な知識を吸収しておきましょう。

インターンで内定が決まるのか??

view-768429_640

就職活動におけるインターンシップへの参加は、企業のことを詳しく知るためにも、実際の業務を身を持って知るためにも非常に重要なイベントだと言えます。
そのインターンに参加した中から内定が決まるという話も耳にしますが、実際にインターンで内定が決まると言うことはあるのでしょうか。

●インターンを通して優秀な人材に目をつける企業の目的がある!

インターンで内定が決まることは十分に考えられることで、通常の採用選考とは別のルートで優秀な人材に目をつけ採用を決める企業があると言うことです。
そのためインターンに参加する場合には、ここで内定が決まるかもしれないという意識を持って参加をする必要があると言えます。

インターンで内定が出る人の特徴とは?

インターンで内定が出る人の特徴は、インターンでの成績が非常に良い人。つまりインターン参加を真剣に捉えて参加をしている人が特に内定が決まる確率が高いと言えます。
前者の成績が良い人はその時点で優秀な人材だと判断されますし、その人材を他社に取られたくないという考えが企業にもありますので、早々にインターンの時点で内定が出ることに繋がり易くなります。

●体験する程度の気持ちではなくインターンの参加を真剣に捉える人

インターン参加を真剣に捉えて真面目に参加をしている人も、体験するという程度の気持ちで参加している参加者よりも企業の目に留まり易くなるため、インターンでの内定が決まる可能性がある参加者だと言えます。

内定に繋がっているインターンの種類とは??

インターンで内定が出る企業の場合、そのインターンの内容にも特徴があります。
数日程度のセミナー式のインターンの場合はそのインターンで内定が出ることはほぼありません。

●実践式のインターンの場合は内定に直結している場合が多い!

ですが、実践形式で仕事を社員と一緒に行うインターンの場合は、そこでの働きが実際に就職した場合の仕事の場合と直結してきます。
仕事が早くミスが無い、効率よく業務をこなす、社員との連携が優れているといった突出した適応性がある場合は、企業側もそれをチェックしていますから、インターン期間中に話があるか、インターン終了後に内定の話を持ちかけられる確率が高くなると言えます。

実践式のインターンは内定に直結している!真剣な気持ちで参加すること

確かにインターンでの成績が良ければ内定が決まると言うケースもあるでしょう。
ではインターンで内定が決まらない場合や、そもそも内定が決まるタイプのインターンではない場合、そこに参加する意味は無いのでしょうか。
インターンは企業のことを詳しく知り仕事に就くことの厳しさを知ることが出来る貴重なイベントです。

そのためインターンで内定が決まらないとしても、そこに参加して自分で経験をすると言うことはその後の就活に大きな影響を与えてきます。
その為どのようなインターンであっても参加する意味が無いと言うことは有りませんから、インターン内定の有無にかかわらず、まずは参加をすることに意味がある、意義があると言えるでしょう。