インターンシップが与える就活の影響とは | 新卒就活.com

2016/09/20更新

インターンシップが与える就活の影響とは

インターンシップが与える就活の影響について紹介します。
就活を行う際に参加したほうが良いと言われるインターンシップですが、インターンシップに参加することで就活へどのような影響があるのでしょうか。
インターンシップの種類別に就活への影響をまずは考えてみましょう。

インターンシップが就活に与える影響とは?

PAK86_hanrasenkaidanjinsei-thumb-815xauto-15904
就活に影響を及ぼすと言われているインターンシップですが、インターンシップにも色々な種類があるため全てのインターンシップが就活に影響を及ぼすとは言えません。
インターンシップの種類には1日インターンシップ、短期インターンシップ、中〜長期インターンシップがあり、その中でも就活に影響が有るのは中〜長期インターンシップだと言えます。

●中〜長期インターンシップに関しては内定が関わってくる

これは短期や1日だけのインターンシップと違い、中〜長期のインターンシップは実際に起業に勤務し仕事を受け持つことで、自分の能力を企業側にアピールすることが出来るためです。
そのため特に中〜長期インターンシップに関しては、インターン内定という言葉があるように就活に大きな影響を与えるものだと言えます。

1日・短期インターンシップは就活への影響はほぼない

就活に影響があるインターンシップは中〜長期のものだと言えますが、では1日インターンシップや短期のものは就活に対して影響はないのでしょうか。
これは1日だけのインターンシップに関しては基本的に企業説明会に近いもののため、就活に対する影響はほとんどないと言えます。
企業側も会社をアピールするために1日インターンシップを開催することがほとんどですので、それに参加しても何ら就活が有利になるということはありません。

●顔を覚えてもらえるというメリットがある!

短期のものに関しては、これもそれほど就活に影響はないと言えますが、参加しておくことで企業側に顔を覚えてもらうことが出来る場合もあります。
短期のインターンシップでも企業が履歴書などをチェックしている場合もありますので、後々の就活に多少なりとも影響する場合もあると言えます。
その為1日インターンシップと短期インターンシップでは短いインターンシップではありますが違いが生じると言えます。

中〜長期インターンシップは就活にプラス

中〜長期インターンシップの場合、実際に週週間〜数か月の間企業に勤務して仕事を受け持ち、企業の社員と共に働くと言うことがインターンシップの内容となります。
企業側も中〜長期インターンシップでの優秀な人材確保を目的としている場合が多く、インターンシップで優秀な成績を収めた場合にはその時点で内定を貰えることも少なくないと言えます。

●失敗=マイナスではない!恐れずに参加してみるのがオススメ!

逆にインターンシップでの対応が非常に悪い、仕事が全く出来ない、社員とのコミュニケーションがとれないといった場合には、インターンシップでの内容が就活においてマイナスに働くこともありますので注意が必要です。
中〜長期のインターンシップへの参加は、自分の能力を企業にアピールする場であるとともに、仕事に対する適性がない、能力がないと言うことを企業に知られてしまう場合もあります。
もし長期のインターンシップに参加するのであればデメリットもあると言うことをしっかりと理解したうえで参加をする必要があります。
もちろん失敗したことで成長できる場合もありますし、失敗=マイナスに直結するわけでもありませんから、失敗したらインターンシップ期間内に挽回する気持ちで参加をすれば、それは企業側も見ているので失敗を恐れずに参加をしましょう。

インターンシップは就活にプラスな影響を与える!積極的に参加しよう!

インターンシップへの参加は就活に影響する場合としない場合とがありますが、やはりどのようなインターンシップでも参加しないよりは参加したほうが確実に経験値が上がると言えます。
そのため就活への影響も大事ですが、自分を成長させるためにインターンシップへ参加をすると良いでしょう。