インターンシップが就活に有利なる理由とは | 新卒就活.com

2016/09/07更新

インターンシップが就活に有利なる理由とは

インターンシップが就活に有利なる理由についてご存じでしょうか?
インターンシップに参加をすることで就活が有利なるのか?
疑問に思う学生さんも多いと思います。
そんな疑問をここで解決!インターンシップが就活に有利なる理由をご紹介していきましょう。

インターンシップが就活に有利な理由1,経験を積める

copic-141192_640

大学3年生の2月頃から10月頃にかけてインターンシップの選考が開催されますが、この選考の経験を積むことは今後の就職活動においても有利となります。
基本的にインターンシップに参加する学生は就職活動に対しての意識が高く、場合によっては採用面接よりインターンシップの方が倍率が高いなんてこともあります。

~インターンシップの選考で就活の前準備ができる!~

まわりに意識が高い学生がいる状況で選考を経験するということは、就職活動でいきなり100%の力を発揮することにつながります。
さらにESの書き方や面接でのコツをつかめば、さらに就職活動を有利に進めていくことが出来ます。

インターンシップが就活に有利な理由2,情報源を作れる

就職活動は情報戦と言っても過言ではないほど、様々な情報を得ることが大切となります。
良い情報があればあるほど就職活動を有利に進めていくことができるでしょう。

~インターンシップに参加している学生は意識が高い!有力な情報を持っている可能性大!~

そしてインターンシップに参加している意識の高い学生達は、誰もがそれなりに就職活動に関する情報を持っています。
加えてインターンシップに参加している学生の多くは頼られることが好きな傾向が多いため、それとなく聞いてみると有力な情報を得ることができるのです。
さらにインターンシップで築いた人間関係はインターンシップ後も続くことが多いので、就職活動の情報戦を有利にすることができるのです。

インターンシップが就活に有利な理由3,早期選考で内定を勝ち取れる

インターンシップに参加する上で最大に有利な点は、企業により早期選考があることでしょう。
この早期選考はインターンシップに参加をした学生を対象に行われ、就職活動に先駆けて企業の選考にチャレンジすることができます。

~1企業に対して2回チャレンジすることも可能!~

これは1企業に対し1度しか選考のチャンスがない就職活動において、実質2回チャレンジすることができるので、かなり有利な点といえます。
そのためインターンシップ中は、ただの職場体験と考えず、自分を売り込むチャンスという意識を持ちましょう。
業務吸収の意欲を見せると、好印象をあたることができるでしょう。

インターンシップに参加して就活を有利に!新社会人としての立ち振る舞いを忘れないこと

ここまでインターンシップに参加することが就活に有利な理由をご紹介してきましたが、ひとつだけリスクがあります。
それはインターンシップ中にこの学生はだめだと思われると、本選考においてもかなりの確率で落とされてしまういうことです。
そのためインターンシップ中は、常に様々なことに注意が必要です。

まずは身だしなみや生活態度に気をつかい、学生でありつつも新社会人としての立ち振る舞いをするように心がけましょう。
大きなミスさえしなければ、マイナス評価を受けることはありません。

自分を上手にアピールすることができれば、就活を有利に進めることができるでしょう。