インターンシップが就職に有利な理由とは | 新卒就活.com

2016/09/09更新

インターンシップが就職に有利な理由とは

インターンシップが就職に有利な理由についてご紹介します。
就職活動本番前に、多くの学生さんがインターンシップの参加を考えることでしょう。
休みがなくなってしまうというデメリットもありますが、インターンシップに参加することはあなたにとってプラスになること間違いないでしょう。

インターンシップが開催される時期とは?

team-386673_640

企業は学生が長期の休みである春や夏にインターンシップを開始することが多いです。
ですが最近では、就職活動の後ろ倒しを受けて冬もインターンシップが行われるようになりました。
そのインターンシップに参加する人も非常に増加傾向になります。
インターンシップに参加した人の話を聞くと就職に有利になると言う話をよく聞きますが、果たして本当にインターンシップに参加することが就職に有利に働くものなのでしょうか。

●春や夏だけでじゃなく冬休みもインターンシップが開催される!

これはインターンシップに参加した人によっても意見が違いますから、参加すれば100%就職に有利とは言い切れませんが、インターンシップに参加することで何かしらの意識の変化などは有るはずです。全く意味が無いと言うことはありません。

インターンシップ参加で変わる就職への意識

インターンシップに参加すると、実際の企業の業務内容や仕事の流れなどを直に体験することが可能になります。
企業の仕事の内容は見るのとやるのでは大きな違いがありますし、実際にインターンシップを体験することで自分が就職した場合の状態をある程度知ることも出来ます。

●仕事や社会の厳しさを知り就職に対して意識改革ができる

何よりインターンシップに参加することで仕事や会社、社会の厳しさなどを肌で感じることが出来ます。
また就職への意識も大きく変化する人も多いと言えます。
今まではなんとなく就職に対して考えていた人も、インターンシップに参加することで意識改革でき、真剣に就職することに対して向き合えるようになる場合もあります。

インターンシップで分かる自分の実力

インターンシップに参加すると、実際に企業へ就職した場合と同じ状態で働くことになります。
そのため自分では出来ると思っていたことが上手くできなかったり、得意だと思っていたことが全く通用しなかったりといった、自分自身の実力不足を痛感する場合もあるでしょう。

自分自身の問題点を知ることができる=自己分析へつながる

しかしそれは、逆に考えれば今の自分に何が足りていないのかを把握することが出来るチャンスです。
就職するためには何が足りないのか、何を自分自身に足していけば就職した時に仕事を安定してこなせるのか。
自分自身の問題点を知ることが出来ると言えます。
インターンシップに参加して実力不足を痛感した場合は、落ち込むのではなくポジティブな思考で何が足りないかを考えてみましょう。

インターンシップに参加することで就職する感覚を養える!

インターンシップに参加できるのは、就活生の中でもごくわずかです。
特に人気のある企業や大企業などのインターンシップには、多くの参加者が就職を目指して参加してきます。
なかなかインターンシップに参加できない人も多いでしょう。

そんな時は自分の目指している業種の企業のインターンシップに参加することで、実際に就職した場合の感覚を養うことが可能となります。
夏休みや冬休みがインターンシップで潰れてしまうというデメリットもありますが、インターンシップに参加できるチャンスはそう多くありませんし。
参加することで自分の就職への道が変わることも、道筋がはっきりすることもあります。
インターンシップへの参加は損は無くても得は必ずあると言えるでしょう。