インターンシップで動物業界に参加する意義とは | 新卒就活.com

2016/09/15更新

インターンシップで動物業界に参加する意義とは

インターンシップで動物業界を選ぶメリットをご紹介します。
インターンシップで動物とふれあってみたい!そんな夢のような仕事内容と魅力を見ていきましょう。
インターンシップは一般企業、もしくはベンチャー企業のみだけのものではありません。
夢を追う就活生には、えてして需要のある業界が実際にあるものです。

インターンシップで動物と触れ合える!

guinea-pig-792524_640

インターンシップと聞くと、一般的な企業やベンチャー企業に多くイメージが偏りがちです。
しかし、実際に「動物にふれあえる仕事をしてみたい!」という要望を持った就活生もいるのです。
もちろん、そういうニーズに応えられる仕事もあります。インターンシップで動物関係なんて・・・とあきらめてしまうのは時期尚早です。

~獣医・動物看護師など幅は広い!~

「動物にふれあえる仕事をしたい」「動物たちを助ける仕事を夢見てる」そういった『好き』から派生して仕事にしていきたいと思っている方にとって、インターンシップといえども動物と実際にふれあえる環境はとても貴重です。
代表的な仕事として多いのは、獣医や動物看護師などの職業でしょう。
決して幅の狭い業界ではありません。根気よくインターンシップ先を探してみてはいかがでしょうか。

インターンシップで叶う動物関係の仕事内容

獣医、動物看護師、動物病院受付あたりが参加しやすいインターンシップとなります。そこで気になるのはやはり「どこまで動物たちに携わることができるのか」という疑問でしょう。概要ではありますが、以下のような仕事内容に携われることが多いようです。

~資格を必要とせずに学べる環境~

動物看護の仕事には国家資格は存在しません。
そのため、窓口はとても広く専門学生でなくてもインターンシップに参加することが可能な場合が多いです。
実際の実習としては以下を参照ください。あくまで一例ではありますが、実習として行わせてもらえる業務も意外と多いです。

【実習】
・職場での会議に参加
・ワクチンなどの薬物の準備
・オペ器具の準備
・血液、糞便などの検査
・去勢手術の補助
・お預かり動物の世話

【見学】
・獣医師による診察時の見学
・手術の見学

動物業界でインターンシップをする魅力とは

動物が好きだから、という気持ちからスタートしている就活生が多いでしょう。
しかし、実際にそんなわがままを仕事としてやっていけるのか……当然そんな悩みは尽きないものです。
悩んでしまったら行動するのもひとつの手段、長期・短期はインターンシップ先によって異なりますが、まずは進んで参加してみることをおすすめします。

~就職後のミスマッチを防ぐためにもインターンシップには参加するべし!~

どういった目的をもっているにせよ、インターンシップへ参加してみることです。
動物関係の仕事はどちらかというと「稀」とされているのが一般的です。
そのため、周りの友だちからは情報を得ることはできません。
就職後に「やっぱり違うのかも…?」と後悔するのではなく、インターンシップというせっかくの機会を逃さず、積極的に『気持ちの確認』に踏み出してみましょう。

インターンシップに参加して動物業界の現状を肌で感じよう!

自分の将来の夢や目標を持っている人にとって、インターンシップはその想いを再確認させてくれる『貴重な体験』ができるチャンスです。
就職先を悩む前に、実際の職場体験をし、自らの肌で感じてみることです。
「動物とふれあいたい!」という夢を持つ人に対しても、インターンシップという制度は背中を後押ししてくれるのです。
就職後のミスマッチを防ぐためにもインターンシップに参加してみることです。