インターンシップにおける助成金について | 新卒就活.com

2016/09/20更新

インターンシップにおける助成金について

各自治体でも就職前のインターンシップに対し、助成金を出して推奨しているところが増えています。
インターンシップとは、実際に就職をする前に、その職業に興味のある学生が職業体験をすることができる制度で、職業内容をより理解する、勤労意欲や仕事の難しさなどを実感することができ、利用する人が多いです。

インターンシップに助成金がある理由1,給料の有無

gift-505591_640
これは職業体験ができる制度で、多くの学生が利用するようになりました。
興味があるけれど、実際どんなことが行われているかよくわからない、またその仕事が自分に適しているかどうか分からないから、就職をする前に体験してみたいという人が増えており、実際にいろいろな企業で行われている制度です。

●インターンシップは貴重な経験ができる分無給の場合が多い!

この制度は、あくまでの体験であり、就職をしたり契約を交わした状態ではないので、多くの場合は無給です。
しかし、その企業まで通ったり、実際に時間も拘束されますね。そのために、各自治体などが助成金を出してサポートするシステムが増えてきています。
この助成金を利用することに更に大勢の人が制度を利用することができるのです。

インターンシップに助成金がある理由2,受け先の企業もコストがかかる

この制度を利用する企業も増えてきていますが、実際、学生を受け入れることになると、企業側にもコストがかかります。
それはその学生に指導をするために担当者を一人つけるという人件費もかかりますし、仕事を体験させる、つまり練習をするわけですから、いろいろな経験を積めるように、場を提供する必要がありますし、多少の失敗は多めに見るということが必要になるのです。

●学生を受け入れやすくするために企業を支援するための助成金もある!

最近では各自治体がインターンシップを受け入れる企業を増やそうとその企業に対して助成金を出しています。
その内容は、受け入れ学生の旅費や滞在費などです。
またインターンシップを行う時には、遠方から学生が来る場合もあります。
その時にこの制度があると、企業にとっても学生を受け入れやすくなるのです。

インターンシップに助成金がある理由3,中小企業の支援

インターンシップを行う場合の期間は様々です。
中学生や高校生などの職業体験の場合は、2日程度で終了する場合もありますね。
反対に、もう就職を視野に入れて大学生が行う場合には、数カ月単位になるということもあるのです。

●助成金支給は中小企業にとってインターン生を受け入れやすいきっかけになる

大手企業は、ニュースなどで取り上げられる事業内容や広告、口コミや評判などから自然と入社を希望する人が増えてきます。
反対に、中小企業は一見してその企業が具体的に何を行っているか分からないこともあります。
それを理解するためには、やはり経験をしてもらうことが一番なのですね。
しかし中小企業にとって、受け入れの費用はやはり負担に感じるところです。
そのため自治体も中小企業にも受け入れてもらおうと助成金制度の取り組みを進めているのです。

インターンシップは助成金を利用して積極的に参加しよう!

インターンシップの制度を利用することは、企業にとっても学生にとってもミスマッチを防いだり、理解を深めるために双方にメリットがあります。
そのメリットを活かすために、自治体も助成金を出すような取り組みをどんどん進めているのです。
助成金を利用して、インターンシップを受け入れる企業がどんどん増えていけば、就職を目指す大学生には利用価値が高いですね。