インターンシップにベンチャー企業を選ぶメリット | 新卒就活.com

2016/09/15更新

インターンシップにベンチャー企業を選ぶメリット

インターンシップにベンチャー企業を選ぶメリットを紹介します。
今、ベンチャー企業のインターンシップが注目を集めています。
成長途上の会社であり、人材採用意欲が旺盛なことと、これからのビジネスを作り上げると言う熱いエネルギーに溢れた職場が特徴で、将来的に起業を目指す人にも人気なのです。

インターンシップにベンチャー企業を選ぶメリット1,現場で学べる

ベンチャー企業と言っても形態は様々で、全く新し形のサービス提供する会社から、既存のサービスとサービスを橋渡しするような会社、技術の高さを売りにする職人集団的な会社もあります。
共通点は、未知の可能性に突き進んでいくエネルギーです。
創造性に溢れた空気はベンチャーならではと言えます。

~営業の外回りなど現場に出て仕事を擦る割合が多い!~

インターンシップもその空気に触れられるようなものが多く、実際に現場に出ての仕事の割合が多いのも特徴です。
最前線が企業の名前を知ってもらうための営業や、プログラミングの現場と言う企業も有るため、営業などの外回りも、内勤の仕事もあります。
希望する企業の希望する部署や職種のインターンシップの受け入れがあるとは限らないのです。
しかし、希望部署や職種は違っても、同じ会社の空気に触れられるため、積極的に参加するのも一つの方法です。

インターンシップにベンチャー企業を選ぶメリット2,ステップアップできる

インターンシップは実際の企業で働きながら学ぶと言う形であり、ベンチャー企業はベンチャーならではの苦労や、喜びにも触れられるのが特徴です。
トラブルに遭遇した際に、先輩はどのように考え、どう行動し、どう解決するのかや、自分自身ならどう行動するかを学べる機会も多くあります。
他の企業ではあまり一般的ではない業務上のノウハウを持っている事も多く、全てが学びの場と言えます。

~同業他社でノウハウを覚えるのも一つの方法!自己PRの武器にもなる~

同時に、スタートして間もない企業であれば、学生に近い目戦でのコミュニケーションも取りやすくなります。
インターンシップはステップアップの場としても有効なのです。
志望企業が別にあったとしても、同業他社でノウハウを覚えるのも一つの方法であり、自己PRで使用できる武器にもなるのです。

インターンシップにベンチャー企業を選ぶメリット3,柔軟な対応をしてくれる

ベンチャー企業にとっては、インターンシップの学生は、将来自社の戦力になるかもしれない貴重な人材です。
そのため、給与面や休みの相談などを柔軟に行う企業も多いのも特徴になっています。
例えば、テスト休みなどを容認してくれる企業もあります。
もちろん、事前にテストがある事を申告することが重要です。予定を入れる場合は事前に相談を行い、スケジュールを調整するのは当然のマナーです。
テスト休みを容認する企業であっても、当日に休むようでは信用を失ってしまいます。

~予定を入れる場合は事前に相談を!スケジュール調整するのがマナー~

また、忙しいベンチャーではインターンシップであっても人手が欲しい時があります。
そんな時は、自分の能力や時間の許す範囲で手伝えることがないか聞くのも一つの方法です。
出来ることが無く、断られたとしてもその心遣いが人の心に残るからです。

インターンシップにベンチャー企業を選ぶメリットまとめ

インターンシップを受け入れるベンチャー企業は増えていますが、それだけ競争が激しいと言う事でもあります。就活をする人間は希望に沿った職場を探し、企業は優秀な人材を求め続けます。
可能であれば、短期間でも複数の企業の内部を覗いてみるなど、多くの経験を積んだ上で本命を選ぶのも良い就職活動を行うポイントなのです。