インターンシップに冬休みを利用して参加する際のポイント | 新卒就活.com

2016/08/04更新

インターンシップに冬休みを利用して参加する際のポイント

インターンシップに冬休みを利用して参加する際のポイントをご紹介します。
四季を問わずに開催されるインターンシップですが、中でも集中するのが夏と冬です。
春のインターンシップは少ないことから冬は追い込みの時期とされており、競争倍率も高くなるためエントリーにも苦労する場合が多いのです。

冬のインターンシップの経験が就活本番で活かされる

kermit-601710_640
春のインターンシップは就職に直結するものも多く、数も少ないのが特徴です。
そのため、冬のインターンシップが最後の活動の場となることも多く、就活生も殺到する傾向があります。
実際に春から就職試験が始まる企業も多いため、直前のインターンシップ経験が活きる可能性があります。

~春から就職試験が始まる企業が多い!~

一方で、冬にインターンシップを開かない企業もあるため、どうしても参加したい企業がある場合は開催時期も見極める必要があります。
とにかくインターンシップで経験を積みたい人にとってはラストチャンスになる可能性もあるため、エントリーシートの内容にも気を配る必要があります。
また、インターシップ専門の情報サイト等で広く探すことも重要です。

冬のインターンシップは非公開のものに参加しよう!

冬のインターンシップは非常に参加者が多く、激戦になりがちです。
特に人気企業には人が集中するため、倍率が高い所を避けるのも一つの方法です。
注目したいのが、非公開のインターンシップ募集です。

~成長力が非常に高く健全な経営で知られている会社が多い~

インターンシップ募集サイトや、ごく限られた範囲のインターンシップ説明会に参加した場合のみにエントリーが出来るものもあるのです。
そういった企業は、成長力が非常に高い場合や健全な経営で知られている場合も多く、情報を公開するとエントリーだけで人事がパンクしかねないレベルになることもあるのです。
冬の競争を勝ち抜くために、あとは選択肢を広げるためにも、各種サイトに登録して目を光らせておくのがポイントです。

冬のインターンシップに参加するにはエントリーシートの突破が必要不可欠!

インターンシップの多くはエントリーシートによる審査があります。
企業によってその選定基準は大きく異なり、理由も非公開となっています。
冬のインターンシップともなれば気合が入る人も多く、その中で競争に勝ち抜くのは厳しい場合もあります。
エントリーシートで重要なのは志望動機などを上手くまとめられるかであり、誤字脱字がなく、丁寧に書けているかどうかです。

~エントリーシートは読みやすさが重要!ミスがないか徹底的に確認をすること!~

ですからテンプレートがあれば活用するのは良い手段です。
人事担当も同じようなエントリーシートを大量に見なければいけないため、読みやすいかどうか、規定を守ってるかどうかだけが判断基準になる場合もあります。
冬は特に人が集中するため、第一関門で落とされないように何度もエントリーシートを見直しが重要になるのです。

冬のインターンシップは応募が集中して倍率が高い!各種サイトに登録して目を光らせておくこと!

冬のインターンシップは人が集中しやすく、倍率も高くなりがちです。
しかし、就活の解禁直前まで受けることが出来るため、インターンシップの経験をそのまま就活本番に活かせることが可能になります。
インターンシップ専門サイトでは、非公開のインターンシップ情報を配信している場合もあるため、積極的に活用することも重要です。