インターンシップに参加して就職活動を有利にする心構え | 新卒就活.com

2016/09/07更新

インターンシップに参加して就職活動を有利にする心構え

インターンシップに参加して就職活動を有利にするための心得についてご紹介します。
インターンシップへの参加を考えている学生の方も多いのではないでしょうか?
就活が後ろ倒しになったため、インターンシップは春と夏だけでなく、冬にも行われる機会が増えています。

インターンシップの意義について

cc-library010007979
インターンシップを導入する企業が増えてきています。
もちろん、企業側としては新卒の囲い込みという目的が一番です。
しかし、離職率の高さが目立つので、就職にあたってマッチングがうまくいくかどうかを見ています。

~企業と学生のマッチングを図るのが目的!~

もちろん、インターンシップ経験者の方が就職に有利であることは言うまでもありません。
学生側としてもこのインターンシップ経験が有利だという考え方だけではなく、実際に就業経験をしてみて自分にあっているかどうかを見極めるいい機会になるはずです。特に志望している企業、業界へのインターンシップであればなおさら、その思いをもって臨むべきです。

インターンシップで心得ておくこと

では就職前のインターンシップで心得ておくべきことは何でしょうか。
もちろん、就職活動を有利に進める手段であることはいうまでもありません。
しかし企業が投資をしてまで就業体験をさせてくれている。特に現場にとっては繁忙感のある中、インターンシップの学生を抱えることは非常に負荷のかかることです。

~社会人になる前のプレ経験!一社員としても働く自覚を大切に~

就職に有利だからという打算、またはお客様気分ではなく、しっかりした社会人になる前のプレ経験としての自覚をもって臨みましょう。
この気持ちがないようではインターンシップの経験が有利に働くこともないと心得ておいた方がよいと思います。

インターンシップで企業・業界研究を!

インターンシップで実際に現場に入ることで企業研究、業界研究をリアルに行うことができます。
就職活動に当たって有利になるような情報を実際のビジネスマンからいろいろ聞き出したりしましょう。
そうすることで業界で就職後に求められる能力、スキルをしっかり聞きだして自分にあっているかどうか確認する非常に貴重な機会になります。

~ビジネスマンから就職に必要な情報を引き出そう!~

インターンシップ生として謙虚に、そして素直にビジネスマンと接することで、こうした情報収集も有利にすすめることができます。
自分自身の立場、今後の就職を考えてしっかりインターンシップの期間を勉強の期間としても活用することをおすすめします。

インターンシップに参加することは就職を有利に進めるチャンス!

インターンシップが仮に希望する業界や企業での経験ではなくとも、プレ社会人として就職前の就業体験という意味では就職活動を有利に進めるチャンスです。
インターンシップの立場で実際に現場で働くビジネスマンにリアルで接することができるほど有利なことはありません。
社会人としての考え方、立ち居振る舞いを実際に自分の目で見て、感じることほど重要なことはありません。
こうした貴重な経験をしていないライバルの学生たちと差を付けるチャンスだと考えてください。
ですから希望している企業や業界ではない場合もしっかり勉強しておくことがいいでしょう。