インターンシップに参加し内定を取る人の特徴とは | 新卒就活.com

2016/09/06更新

インターンシップに参加し内定を取る人の特徴とは

インターンシップに参加し内定を取る人の特徴をお教えします。インターンシップに参加したとしても内定が得られるわけではありません。
しかし、中にはインターンシップに参加し企業から一目置かれて、そのまま内定を得る学生もいるのです。
なかなか内定を貰えない学生は参考にしてはいかがでしょう。

インターンシップで内定が決まることがある!!

BL010-aremoshikashite20140810500
インターンシップに参加した参加者の中から内定が決まるといった例があります。俗に言うインターン組と呼ばれるのがそれにあたり、インターンシップで優秀な成績を上げて企業から特別選考を持ちかけられ内定が決まると言うパターンです。

~インターンシップは企業側からすれば優秀な人材を確保できる絶好のチャンス!!~

通常、多くのインターンシップ参加者はインターンシップはあくまでも企業の仕事を身を持って体験する場だとしか考えていないようです。
しかし、企業側からしてみれば早期の段階で優秀な人材を確保できる絶好の査定の場でもあるわけですから、
インターンシップが行なわれている時点ですでに内定への道は開かれていると考えたほうが良いでしょう。

インターンシップで内定が決まる人の特徴とは?

インターンシップで内定が決まる人の特徴は、簡単に言えば即戦力としてその企業で使えるかどうか、企業の職務内容を理解して柔軟に対応で来ているかどうかが内定が決まるポイントとなります。

~企業の即戦力として使えると判断されるとインターンシップで内定がもらえる!!~

インターンシップで内定が決まる人は、それらの特徴を持ち合わせており、企業としては他の企業に取られたくないため、特別選考でインターンシップ後に内定を通知するのです。
そのためインターンシップをただの体験の場だという気持ちで参加している参加者には、その時点での内定はまず出ないと考えて良いでしょう。インターンシップといえども入社したつもりで働き、自分の能力をアピールすることが重要なわけです。

インターンシップ参加中に予想外の内定が出た場合には?

インターンシップに参加できる人数は企業ごとに限られているため、自分の希望した企業のインターンシップに参加できない場合があります。
その場合、同じ業種の企業のインターンシップに参加をする場合もありと思いますが、この企業から思わぬ内定が提示されることもあります。
自分の希望する企業以外から予想外の内定が提示された場合、それはその企業が自分のことを高く評価してくれていると言うことですので、それは素直に喜んでも良いと言えます。

~希望企業を優先!!妥協はせずにしっかりと考えて答えを出すこと~

しかし問題はその企業が自分の希望する企業ではないと言うことで、内定の提示を受け入れるかどうかが大きな問題となるでしょう。
その場合、自分の意志を貫いて希望する企業へ応募するのが本来の道ですが、自分を評価してくれた企業に就職することも決して悪い選択ではありませんから、妥協はせずにしっかりと考えたうえで答えを出せばよいでしょう。”

インターンシップで内定が出る人は即戦力として評価された場合が多い!!

インターンシップで内定が出る人は即戦力として評価された場合が多いです。内定が出て、安心して気を緩めてしまう場合が多々見受けられます。

確かに内定が思わぬ時点で出たと言うことは非常に喜ばしいですし、自分のインターンシップでの働きが認められた結果だとも言えます。

しかし、インターンシップでの内定はあくまでも内定ですから、その後の生活態度如何では内定取り消しといった事態を招く恐れもあります。

学生の場合学校を卒業できなければ内定も取り消されますので、インターンシップで早々に内定が決まった場合には、その後の生活にも気を緩めないよう注意する必要があります。もちろん内定が決まっても他の企業の就活は継続できますから、就活を更に行うことも選択肢に入るでしょう。