インターンシップに参加するうえで必要なマナーとは | 新卒就活.com

2016/09/05更新

インターンシップに参加するうえで必要なマナーとは

インターンシップに参加するうえで必要なマナーをご存知ですか?
インターンシップは就職活動の練習して参加を希望する学生さんもいらっしゃると思いますが、それは勘違いです。練習という軽い気持ちで参加すると、痛い目をみます。
学ぶ姿勢と真剣な気持ちを持って有意義なインターンシップにしましょう。

インターンシップに参加する心構え

reading-216862_640

インターンシップは就職活動を行うで、就職前に企業の仕事をなどを体験することが出来る非常に大切な制度です。
インターンシップに参加すると言うことは遊びではなく、実施してくれた企業へ感謝をしながら参加する必要があります。
参加する以上はインターンシップ中のマナーにも注意をしないと、就活本番前なのに大失敗に繋がる恐れもあります。

~ビジネスマナーの基本は事前に学んでおく必要がある~

特に企業で実際の業務に従事する場合には、マナーが出来ていないと思わぬトラブルや失敗に繋がりますし、企業にも悪い印象を与えてしまうことになります。
そのためインターンシップに参加する前にまずはマナーをしっかり学んだうえで参加をすると良いでしょう。

インターンシップで必要なマナー1,言葉遣い

インターンシップに参加する際に最低限身に着けておきたいマナーといえば、やはり言葉づかいの問題でしょう。
インターンシップに参加した場合、企業で働く社員の人とも会話を交わすことになります。
その時に言葉づかいのマナーがまるで出来ていない様では、インターンシップに参加したことがむしろ自分の評価を下げてしまうことにも繋がります。

~相手は社会人!最低限の敬語は使えるようにすること~

インターンシップで接する社員の人はまず自分よりも目上の人ばかりですから、ため口や友達と話すようなフレンドリーな言葉は使用しないほうが良いと言えます。
そのため最低限の敬語くらいは使えるように対策をしておく必要があると言えます。

インターンシップで必要なマナー2,挨拶と返事

インターンシップのマナーで言葉づかいと同じくらい重要ののが挨拶と返事の2つです。
挨拶に関してはインターンシップのマナーというよりも人として身に着けておかなければいけないマナーですし、返事に関しても言われたことに対して返答すらできない人は、仕事をするレベルに達していないと言えます。

~挨拶は徹底すること!言われたことに対しては必ず返事をするのがマナー~

そのためインターンシップに参加する際には必ず挨拶を徹底する必要があります。
インターンシップ実習中に社員の人に何かを言われた場合には必ず返答をすることも徹底しておくべきマナーだと言えます。そ
の為、社員に叱られてふて腐れて返事もしない、挨拶もしない、あからさまに態度に出すと言うのは、マナー違反だと考えたほうが良いでしょう。

インターンシップに必要なマナーは正しい言葉遣い・挨拶と返事・TPOを考えた身だしなみ

インターンシップのマナーで挨拶や返事、言葉づかいに気を付けましょうと言いましたが、身だしなみのマナーにも注意をしなければいけません。
身だしなみはその人の人となりを表すものですし、インターンシップに参加をすると言うことは在学中の学校を代表してきているということにもなります。

その為身だしなみがだらしない恰好でインターンシップに参加をすると、あの学校の生徒はマナーが出来ていないというように受け取られてしまい、学校の評判までも落としてしまうことに繋がります。
ですから身だしなみにも気を付けて、全ての面で完璧な状態でインターンシップへ臨む必要があると言えます。企業は些細なマナーでもチェックしていると言うことを忘れないようにしましょう。