インターンシップに参加するための志望理由の書き方 | 新卒就活.com

2016/09/05更新

インターンシップに参加するための志望理由の書き方

インターンシップに参加するための志望理由の書き方についてご紹介します。
インターンシップも就職活動同様、書類や面接など企業の選考を通過しなければなりません。
そのために欠かせないのが志望理由。
インターンシップに参加する理由と、その企業を選んだわけを明確にする必要があります。

インターンシップも就活の選考も同じ

hot-air-balloons-439331_640
今やインターンシップに参加するためには本選考同様に書類選考や面接を通過する必要があります。
企業によっては本選考よりもインターンシップの方が倍率が高いなんてこともあるので、インターンシップの選考に通過することができれば本選考でも力を発揮できるようになるでしょう。

~なぜその企業のインターンシップに参加したいのかを明確にすること!~

しかしそのためには履歴書や面接で志望理由を話さなくてはなりません。
志望理由は自分がなぜインターンシップに参加したいのか、なぜその企業でなくてはならないのかを述べることによりインターンシップへの参加意欲を示します。
そのため本選考同様に充実させたものにしなくてはなりません。

インターンシップ前に企業研究をしっかりと行うこと

本選考で志望理由を充実させるには企業研究をしっかりと行う必要がありますが、インターンシップにおいても例外ではありません。
まずは基本的な企業情報から集めましょう。
企業の設立年月日や資本金、社員数といった企業概要は企業のホームページから知ることができます。

~企業の特徴に沿った志望理由を考える必要性がある~

しかし就職活動のようにOB・OG訪問を行ってまで情報を集めることはできないので、基本的な情報のみでは志望理由を充実させることはできません。
そこで企業トップのブログをチェックしましょう。
そうすることにより企業の特徴がつかめるので、志望理由を充実させてインターンシップ参加に近づくことができます。

志望理由にインターンシップで知りたいことを盛り込む

インターンシップの目的はそもそも学生が社会経験をして今後の方向性を定め、よりよい就職を実現させることにあります。
そこでインターンシップに参加するにあたり社会人に対して色々な疑問があると思います。
その疑問を志望理由に盛り込むことにより選考の通過率が上がるでしょう。

~社会人や企業に関する疑問点=意欲を持つこと!~

「この企業の○○事業成功の秘密を知りたい」「この企業が顧客満足度1位である理由を知りたい」といた欲を持った学生を企業はインターンシップに招きたいと思っているので、それを志望理由でアピールすることにより好印象を与えることが出来ます。
企業に対して疑問を持つためにはやはり事前の企業研究が大切です。

インターンシップの志望理由には一貫性を持たせることが重要!

インターンシップに限った話ではないですが、応募者の中には企業研究をしっかりと行っていることをアピールするために志望理由にいくつものことを盛り込む人がいます。
「○○が知りたい、○○を経験したい、○○を身につけたい」というように欲張っていくつも書いては志望理由に一貫性がなくなり選考に落とされる可能性があります。

志望理由のでアピールすつことは1つ、多くとも2つまでにしましょう。
しっかりと企業研究をしていてもそれがあだとなっては元も子もありません。
今回ご紹介したことを踏まえつつ、インターンシップの選考に通る志望理由を書きましょう。