インターンシップに参加するべき3つの理由 | 新卒就活.com

2016/09/20更新

インターンシップに参加するべき3つの理由

インターンシップに参加するべき3つの理由をお教えします。
ここ数年で活発になってきたインターンシップですが、まだ分からないことや不安も多く、参加を決めかねている学生もたくさんいると思います。
今回はインターンシップに参加すると、学生にとってどのような利点があるのかを紹介したいと思います

インターンシップに参加するメリット1,企業の内側を見ることが出来る

underground-775317_640
採用面接において、非常に重要なポイントが志望動機になります。
この質問で聞かれているのは、なぜ他社ではなくその会社を選んだのかということです。
しかし、正直言って学生は外側からしか企業を見ることが出来ないので、この質問に具体的に答えるのは非常に難しいと言えます。

~説得力のある志望動機をアピールできる!~

しかし、インターンシップに参加すると企業の内側を見ることが出来るので、その企業の具体的な長所と短所が分かり、採用面接においても具体的に質問に答えることが出来ます。
ただし、インターンシップに参加しただけで採用に有利な情報を教えてもらえる訳ではないので、受動的ではなく能動的に自分で情報を手に入れる力が必要です。より多くの情報を手に入れられるよう、しっかり勉強してから参加しましょう。

インターンシップに参加するメリット2,自分の能力をアピールできる

インターンシップに参加することは、企業の情報を手に入れるだけではなく、逆に自分の情報を企業に与えるチャンスでもあります。
企業は確実に使える人間を採用したいと考えているので、インターンシップに参加した際に動きや考えのいい学生は圧倒的に有利になります。
そのため、学生としてはインターンシップに参加することは、希望する企業に入る近道にもなり得る訳です。

~入社後のミスマッチを防ぐことができる!~

ただしその逆もあり、仕事が出来ない印象を与えてしまえば、むしろ採用は遠のくことになるでしょう。
どちらにしても、企業が求めている人材でなければ、入社してからお互いに不幸になってしまうので、学生と企業のマッチングの度合いを見ることが出来るインターンシップへの参加は両社にとってメリットと言えるでしょう。

インターンシップに参加するメリット3,仕事の疑似体験ができる

これまではインターンシップへの参加によって、就職活動を有利に進められるメリットを挙げてきましたが、結局、一番のメリットは働くということを疑似体験出来ることだと考えられます。

~学生と社会人のギャップを少なくするためにも必要な体験!~

最近は3年以内に3割が辞めてしまうと言われるほど、新卒の就職定着率は低くなっています。
これは学生時代の生活と社会人の生活に大きなギャップがあるからと言えます。

よってインターンシップに参加することで、週5日のフルタイムで働くことの大変さ、仕事に対する責任、時間に対する厳しさなど、学生時代との違いを少しだけ経験出来ることで、インターンシップへの参加が移行期間の役割を果たし、学生は社会人と学生のギャップを少し少なくすることが出来ます。

インターンシップに参加することで就職後のミスマッチを防げる!

これらのことから、学生のインターンシップへの参加は就職活動を有利に進められるだけでなく、学生から社会人への移行をスムーズにすることが出来るというメリットがあることが分かります。
また、自分の情報を企業に知られるということは就職活動に不利に働く可能性も含んでいますが、長期的に考えればそのこともメリットと言えます。
例えインターンシップで失敗してしまっても、改善し、次へ活かすことができるからです。
インターンシップに参加して、就活を成功させましょう!