インターンシップに参加するメリットとは? | 新卒就活.com

2016/08/29更新

インターンシップに参加するメリットとは?

インターンシップに参加するメリットをお教えします。
就活生でインターンシップに参加しようかどうか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
貴重な学生時代を割いて行うインターンシップ、一体どんなメリットがあるのか見て行きましょう。

インターンシップとは何か?

134

就職活動を行う上で、必ず希望する職種や業種というものがあると思いますが、憧れている職業、希望している職種、就いてみたい業種が自分の考えている通りの仕事とは限らないと言えます。そのため就職出来たまではよかったけれど、実際に働いてみたら思っていたのと違っていた、憧れと現実には大きな差があったと言った理由で、せっかく就職した企業を辞めてしまう人も少なくありません。

その企業の特色や業種の特徴を知る事が出来るというメリットがある!

インターンシップは事前に自分の希望する職種や業種、企業で短期間研修生として働くことで、その企業の特色や業種の特徴、自分の思い描いていた仕事がどのようなものかを知ることが出来る、重要な制度だと言えます。インターンシップに参加しておけば、就職後にこんなはずではなかったと後悔することを未然に防ぐことが出来る点もメリットだと言えます。

インターンシップに参加すると得られるもの

40
インターンシップに参加を希望することで、必ず何かしら得られるものがあると言えます。インターンシップに参加した場合、自分の就職希望先のインターンシップに参加出来ない場合でも、同業種のインターンシップに参加することで、自分が就職を希望している業種がどのようなものか、実際に自分自身で体験、経験することが可能になりますから、必ず自分にとってプラスになる経験を得ることが出来ます。

インターンシップから企業への適性を見極める事が出来る!!

もし参加したインターンシップで、自分が思い描いていた仕事と違っていた場合、就職先の変更も可能になると言えます。要するに、インターンシップに参加することで大なり小なり必ず得るものがありますし、それによってインターンシップ以降の就活の道筋もはっきりしてくるといえます。インターンシップで得た経験を生かすも良し、自分に適性が無いと感じた場合は就活の方向性を変えるもよしではないでしょうか。

インターンシップはその後の面接で有利に

自分の就職したい企業のインターンシップに参加できた場合、インターンシップでの経験がその後の面接などでも有利に働く場合があります。企業側はインターンシップを入社前のテストとして利用している場合も多く、参加者は必ずチェックしています。

面接の受け答え・志望動機の際に具体的な内容を盛り込める!!

そのためインターンシップ期間中に企業側が良い人材だと判断した場合、その後の面接などでインターンシップでの結果が有利に働く場合もあるわけです。ただ漠然とインターンシップに参加していただけでは企業の目にも留まりませんし、自分自身も大して得るものが無かったと感じるかもしれませんが、その企業に後々就職して働くんだと言う意思を持って参加した場合、会社の雰囲気や仕事の内容、その企業がどのような企業なのかを肌で感じることが出来るわけですから、面接時の受け答えや志望動機などにも、具体的な内容を盛り込むことが可能になり、面接を有利に進めることが出来るでしょう。

インターンシップに参加するのはメリットばかり!!絶対損は無い

インターンシップに参加することで損をすると言うことはまずありません。今まで社会経験が無い学生が初めて実際の会社に短期間の間でも勤めることができるのですから、そこから得られるものはインターンシップに参加しなかった場合とは段違いだと言えます。百聞は一見にしかずということわざがあるように、知人や先輩から聞いてきた話と、自分自身がインターンシップで体験したのとでは、その密度が大きく違うと言えます。