インターンシップの募集要項における注意点 | 新卒就活.com

2016/09/20更新

インターンシップの募集要項における注意点

企業のことをより詳しく知るためにも参加が必須と言われているインターンシップですが、インターンシップによっては募集要項が厳しく制限されている場合もあるため、誰でも参加できると言うわけではありません。
そのため必ず募集要項をチェックすることが重要となってきます。

インターンシップの募集要項とは?

sign-731314_640

インターンシップに参加するための募集要項には注意が必要で、参加できる学年、参加するために必要な資格の有無、インターンシップの開催場所、必要となる費用などが募集要項には記載されていると言えます。
そのため自分が参加したいインターンシップがあったとしても、自分自身が募集要項を満たしていない場合や、参加したくても場所が異常に遠い、費用が必要といった問題が生じることもあるわけですのです。

~インターンシップに応募する前に必ず募集要項を確認すること!~

ですからインターンシップを選ぶ場合には必ず募集要項を細かくチェックしなくてはいけないと言えます。
これを怠るとインターンシップの募集に申し込みいざインターンシップという段階で場所が遠くて参加できないと言うことも起こり得ますし、参加できる学年を見ていなくて申し込んだ後に募集要項を満たしていないことに気付くといった無駄も生じる可能性があります。

インターンシップの募集要項に関する注意点1,期間

インターンシップの募集要項にはインターンシップの開催期間というものも記載されています。
この開催期間は非常に重要で、募集要項をきちんと確認していないと自分で思っていたよりもインターンシップ期間が長く、他に申し込んでいたインターンシップと期間が重なってしまうという問題も起きる場合があります。
そうなるとどちらのインターンシップにも迷惑がかかりますし、どっちつかずの対応でどちらの企業にも悪い印象を与えてしまう恐れがあります。

~複数のインターンシップに参加する場合はダブりに注意!~

せっかく自分にとってプラスになるはずのインターンシップが、募集要項をよく確認していなかったためにマイナスになってしまうという結果も考えられるわけです。
そのため募集要項を確認する場合には必ずインターンシップの期間も確認し、必ず参加できるインターンシップのみを選択する必要があります。

インターンシップの募集要項に関する注意点2,参加資格

インターンシップの募集要項では、参加できる参加資格が設けられているものも多数あります。
基本的には大学1年からでも参加できるインターンシップが多いわけですが、企業によっては3年生だけの参加が可能といった学年を制限してあるインターンシップもあります。

~学年や大学の学部指定がある場合も!隅々までチェックすること!~

これは対象者を就活直前の3年生に絞ることで企業が人材確保に動いていると言えますので、そのようなインターンシップへは募集要項で定められている学年しか参加が出来ないと言うことになります。
資格を有するという募集要項の場合も同様で、この場合には学年の制限がなくても募集要項で定められている資格、もしくは大学の学部の指定であればその学部の生徒しか募集要項を満たさないと言うことになってしまいます。
そのため募集要項を確認する際には隅々まで確認をして、確認漏れのないようにすることが重要だと言えます。

インターンシップの募集要項は応募前にチェック!参加資格を満たしているか確認すること

インターンシップの募集要項にはインターンシップを開催する企業ごとに細かい規定が設けられている場合があります。
特に長期インターンシップではその募集要項の規定が厳しい場合が多いので、長期インターンシップへ参加する場合には必ず募集要項を確認し自分に資格があるかどうかを確かめる必要があるでしょう。