インターンシップに絶対合格するための自己PRの書き方3選と秘策 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

インターンシップに絶対合格するための自己PRの書き方3選と秘策

インターシップは、近年、熾烈を極めています。選考を突破するためにもエントリーシートの書き方は重要になってきます。特に自己PRは初めて書く人もおり、苦戦しているといわれています。
そこでここでは、インターンシップの選考を通過するための3つのコツをご紹介します。

インターンシップの自己PRの書き方1,結論から書く

pencil-782755_960_720

インターンシップでのエントリーシートでも自己PRは問われます。この自己PRは、就活が本格化してきても必須項目になるので、インターンシップ中に書き方をマスターしておくと、他の就活生に差を付けることが可能になります。

基本的に冒頭は、結論から書くようにしてください。採用担当者は、冒頭を読むだけで、おおよその人となりが分かるといわれています。そのため、冒頭は非常に重要なのです。

結論が先に書かれていない自己PRでは、採用担当者は出口の見えない暗闇のトンネルの中を手探りで動き回っている状況と酷似しています。そのため、何が何だか分からないまま読み終わり、理解するためにまた読み直しをしなければなりません。それは非常に手間のかかることのため、ほとんどの場合、読み直しは行われないでしょう。せっかくの自己PRもマイナスになってしまいかねません。

たかが自己PRと考えてはいけません。自己PRにしろエントリーシートにしろ、読み手の立場に立って書くべきです。どの方法が最善なのか考えて行動するといいでしょう。

誰にも負けないと思える強みをアピールする

自己PRには、どのような題材が適切なのでしょう。題材を間違えるとPRにならないものもあるので、注意が必要です。

おすすめする題材は、他の誰にも絶対に負けないと思える強みです。そんなこと言われても、強みなんて思い浮かばない人もいるでしょう。そんな時は過去を振り返ってみましょう。特に危機を回避するためにどのような行動をとったかで、性格や強みがおおよそ絞られます。人間は、危機に陥ってこそ本来の力を発揮できるものです。過去を振り返り、共通して発揮される能力を見つけてみてください。

インターンシップの自己PRの書き方2,証明に結びつくエピソードを語る

phone-1052023_1920

結論を述べたら、そのPRの裏付けのために、証拠となるエピソードを語りましょう。ここの出来によって、自己PRは変化してきますので、しっかり取り組んでください。

自己PRの根拠となるエピソードは具体的に書くこと!

証拠となるエピソードは、過去を振り返るしか見つけられません。最も、強みを裏付けられるエピソードを抽出しましょう。
その時に、抽象的にならないように注意してください。エピソードが抽象的だと、いまいち信憑性が高くなりません。意味あるものにするためにも、具体的に語りましょう。具体的なエピソードは説得力が高まります。

インターンシップの自己PRの書き方3,経験の活かし方を述べる

shutters-669296_1920

次は未来のことを語ります。この強みをどうインターンシップに活かすのかを述べます。どんなに素晴らしい自己PRでも、それが活かされなければ、宝の持ち腐れです。

企業にとって、今ではなく未来への成長を推し量ることが目的です。将来の姿が思い浮かべられるように書けるといいでしょう。

インターシップ内容と照らし合わせて熱意と能力をアピール

活かし方を書くためには、インターンシップでどのような業務に携わるのか知っておかなければ、的を得たPRができません。そのため、事前にしっかり調べておきましょう。

業務内容に対して、どのような能力が活かされ貢献できるのかを述べましょう。そして、熱意も含められると、より気持ちのこもった自己PRになります。

フィードバックをたくさんしてもらうのが選考突破の秘訣

art-1238602_1920

前項でご紹介した書き方をすれば、それなりの自己PRになるでしょう。しかし、書き方はできても、それが採用担当者にしっかり伝わるかは自分では、なかなか判断しにくい部分です。そのため、周りの人からフィードバックをもらう必要があります。

就職支援センターや添削サービスを受けよう

就職支援センターの人や友達、就活経験者にフィードバックをもらいましょう。
最初見てもらうときは恥ずかしさなどがあるでしょう。しかし、ここでそれに打ち勝たなければ、内定はもらえません。就活を苦戦するよりも、自己成長を考えて行動していきましょう。

また、インターネット上でも添削をしてくれるサービスを展開しているサイトがあります。世の中には、様々なサービスがあるので、活用していきましょう。

インターンシップの自己PRは書く順番に注意してフィードバックをもらおう

dice-1209417_1920 (1)

インターシップのエントリーシートに書く自己PRの書き方をご紹介しました。ポイントは3つです。結論を冒頭に書き、その後に証拠となるエピソード、インターシップでの活かし方。この3つさえ、しっかり書けていれば、そうそう失敗することはないでしょう。

また、書き終わったら周囲の人にフィードバックをもらいましょう。周囲の人に読んでもらった時に、意味が通っていない、日本が変、PRになっていないなど、様々な意見をもらえるでしょう。あなたを知っている周囲の人が読んで理解できない自己PRは、採用担当者はさらに理解できません。
誰にでも伝わる自己PRにするために周囲の人に助言をもらいましょう。