インターンシップのおすすめ3選 | 新卒就活.com

2016/09/09更新

インターンシップのおすすめ3選

インターンシップのおすすめ3選をご紹介します。
一言でインターンシップといえど、種類は様々です。
インターンシップの参加を考えている学生さんは年々増加傾向にあります。
ここで紹介するおすすめのインターンシップは少し変わっているタイプです。

おすすめインターンシップ1,採用直結型

recommend-315914_640

インターンシップをした方がいいとは思っているものの、何をして良いかわからない。
そんな時は、他の人のおすすめを考慮に入れたいものです。もちろんおすすめも、色々な観点からのものがあるでしょう。
でもその中の一つが、将来直結型のインターンシップです。
インターンシップと言えども、企業に応募して選考されて、採用されるわけですから精神的にはかなり大変です。
来年もまたこれをするのかと思うと気が滅入る人も少なくないでしょう。
それなら、これを一回きりに出来たら素晴らしいと思いませんか。そんな方におすすめなのが将来直結型のインターンシップです。

~ビジネスマンの疑似体験が可能!結果を残せば採用につながる~

インターンシップはいわば企業に接し、企業で働く疑似体験をするようなものです。
採用する側の企業はペーパーテストや面接で応募者を見極めるより、インターンシップで見極める方がベターなのは言うまでもありません。
それで、企業の中には、インターンシップの成績優秀者に、入社権利パスを与えるものがあります。
いわば、インターンシップで即採用決定というわけです。
もちろん人気はありますが、将来に直結する、おすすめのインターンシップです。

おすすめインターンシップ2,海外で働く

インターンシップの中でも、特におすすめしたいものがあります。
インターンシップは、何も生真面目に将来の就職だけをイメージしてその踏み台として行わなければならないと決まっているわけではありません。
人生で一度のインターンシップなのです。学生生活最大のイベントなのです。
それなら、なかなか経験出来ないことを経験して見ませんか。そうして見たいと感じる方におすすめなのが、海外でのインターンシップです。

~なかなかできない!海外で働く貴重な体験ができる~

海外でのインターンシップは特におすすめです。単に観光で海外に行くのでなく、海外で働くという貴重な経験が出来るからです。
これには2つの方法があります。
日本の企業で海外でインターンシップを開催する企業を探すか、海外の企業で現地でインターンシップを行なっている企業を探すかです。
これらは、ネット上のインターンシップの情報サイトでまとめられていたり、斡旋業者のサイトなどで応募したり出来ます。
海外なので、少し費用はかかりますが、それでも貴重な経験になるに違いありません。
この経験を通して、価値観や世界観が変わる人も少なくなく、今後の方向性がはっきりするかもしれません。

おすすめインターンシップ3,報酬がある

おすすめのインターンシップの中で、誰もが羨ましいと感じるやりがい重視のインターンシップがあります。
インターンシップって、ただ働きする場というイメージがないでしょうか。そう感じてもおかしくはありません。
あるインターンシップでは、社員と同じ時間、同じ仕事を手伝わされ、長期に渡って拘束されているのに、アルバイト代も出ないのです。
その現状に矛盾を感じている人におすすめなインターンシップがあります。

●給料は社員並み!ただし必要最低限のスキルが求められる

インターンシップの中には有給のインターンシップが存在します。
某有名IT企業では、インターンシップの給料として、60万円を約束しています。他にも、ほぼIT関係を中心に45万、40万などなど、探せばあるのです。
もちろんIT関係なので、それなりのスキルは求められますが、お給料のためです。
そう思って努力してスキルを磨き、挑戦してみるのはいかがでしょうか。

おすすめのインターンシップは自分探しの場!失敗を恐れず挑戦してみよう

おすすめインターンシップは、普通のインターンシップとは異なる性質のものばかりです。
おすすめだけあって、何も考えずに出来るわけではありません。
いわば就職活動競争のスタートをいち早く切るようなものです。

普通とは異なるインターンシップに挑戦することで、ハードルを設け、それを乗り越える貴重な経験をやり遂げてみましょう。
例え失敗したとしても、それに挑戦した足跡は残されています。
来年全くのゼロから始めるより、大幅にリードした状態で始められることは、間違いありません。
加えて、経験を積むことは、新たな自分を発見する機会を見つけることにもなるのです。

出来るだけあたりさわりなく終えることは楽で良いかもしれませんが、自分は何が好きで何をしたいのか、この機会に向きあえるのはかけがえのない経験になることがあります。是非、何かに興味や関心を抱いたなら、挑戦する強い気持ちを抱くことに致しましょう。