インターンシップのメール攻略!覚えたい書き方の基礎知識 | 新卒就活.com

2016/08/31更新

インターンシップのメール攻略!覚えたい書き方の基礎知識

インターンシップとは企業と学生が接する初めての機会になるかもしれません。ここでは、インターンシップの際に見ておきたいメールの例文をまとめました。

企業に失礼のないメールとは、どのように作るのでしょうか。

ビジネスシーンでのメールマナー

PAK73_MBAsawarukey20140312500-thumb-1000xauto-4542

インターンシップのメールは、たかがメールと思いきや、重要な意味があります。ただ丁寧だと良いかな…と思ってメールを送ると、マナーに従えていないこともしばしば起こります。

ではインターンシップのメールの基本的なマナーから学びましょう。

アドレスの登録では様を忘れずに

まずは、アドレスの登録です。この際基本中の基本ですが、相手の名前に様をつけてください。呼び捨てになってしまうと大変失礼です。

見ておきたい全体の構成

文中は御社ではなく貴社としましょう。そして最後に署名を付けます。本文中にも含めていますがこれを書くことで、あなたの名刺代わりになるのです。名前、在籍校、住所、電話番号、アドレスを含めます。

加えて、件名は簡潔が基本です。「インターンシップの申し込みについて」など、把握しやすい件名を心掛けましょう。本文は改行して読みやさを意識するのも忘れずに。

インターンシップのメールの例文

1

では、参考にしたいインターンシップのメールの例文を確認します。

インターンシップの面接のお礼

就活で面接の後に送るお礼メールの内容は、必要最低限にまとめましょう。採用担当者も忙しい時期ですので、ポイントを抑えたメールのほうが好印象に映ります。

=例文==========
株式会社〇〇
人事部 採用担当 ○○様

△△大学△△学部△△学科の●●●●と申します。

本日はお忙しい中、ご面談の機会を賜り誠にありがとうございました。
本日の面接では、短い時間ではありましたが、ありのままの自分をお伝えできたと思っております。

今回の面談を通じて、改めて貴社の社員として働きたいという思いがより一層強くなりました。

是非とも良いご連絡がいただけますよう祈っております。
末筆ながら、ご面談のお礼を申し上げますとともに、貴社のご発展と皆さまのご多幸をお祈り申し上げます。

△△大学△△学部△△学科
●●●●

mail:******@****.ne.jp
phone:***-****-****
mobile phone:***-****-****
=============

インターンシップ参加後のお礼

インターンシップ参加後は、お礼メールは絶対に必要な訳ではありません。ただ、学生に対して時間を割いてくれたお礼を申し上げることは大切です。
将来、その業界を目指すなら、顧客の関係になったり、何らかの形で再会することも十分にあり得るでしょう。ここでぜひ確認してください。

=例文==========
株式会社 〇〇
人事部 採用担当 〇〇様

インターンシップでお世話になった●●です。

今回のインターンシップでは、大変お世話になりました。
会議室で△△様にお聞きした企業理念の背景のお話しは実に興味深いものでした。
○○の深い部分、考え方に触れ、様々な仕事内容を経験させたいただき、
大きな成長をすることができたと感じております。

取り急ぎ、メールでもお礼を申し上げたく、ご連絡いたしました。

引き続き、何卒よろしくお願い致します。
この度はご指導ご鞭撻いただき、誠にありがとうございました。

記者のますますのご発展と、皆様のご健康とご活躍をお祈り申し上げます。
今後ともよろしくお願い致します。

△△大学△△学部△△学科
●●●●

mail:******@****.ne.jp
phone:***-****-****
mobile phone:***-****-****
=============

まとめ

1

インターンシップのメールは初めて企業と接触する機会かも知れません。もちろん、本当にその企業を志望して行くのか、そうでないのかは分かりませんが、それでも、初めて公的なメールを送る練習の場でもあります。良い機会と捉えて、社会人として責任ある文章が書けるようにスキルを磨きましょう。

また、その企業を最終的に志望したいと考えるようになるなら、インターンシップのメールには十分気を付けるべきです。どのような学生なら話がしたいのか、企業の想いを汲んで、丁寧なメールを作成しましょう。