インターンシップのレポートの書き方と注意点 | 新卒就活.com

2016/09/07更新

インターンシップのレポートの書き方と注意点

インターンシップのレポートの書き方と注意点についてご紹介します。
インターンシップ中かもしくは終了後にレポートの提出を義務付けられる場合があります。
インターンシップのレポートは、今後の選考にも影響しかねないほど重要なものなので書き方には十分注意しましょう。

インターンシップのレポートの書き方1,企業の意図を考える

letter-761653_640
企業の仕事をその身を以て体験することが出来る貴重なインターンシップですが、企業の中にはインターンシップ終了後にレポートの提出を求める企業も多数存在しています。

●企業の意図を読み取り内容にも注意してレポートを書く必要がある!

インターンシップにおけるレポートの提出は、その後の就職活動にも影響を与える場合が多いため、義務付けられている場合には必ず提出する必要があります。
その内容に関してもただ単に感想を述べただけでは、レポート提出がその先へ繋がることはないと言えます。
そのため企業がレポートの提出を指示している場合には、その意図を読み取り内容にも注意してレポートを書く必要があります。

インターンシップのレポートの書き方2,自分にプラスになった経験を書く

インターンシップでレポートの提出を求められた場合、そのレポートに必要な要素とは何が必要なのでしょうか。
インターンシップでの体験をレポートにまとめる場合、それが単なる感想だけで終わってしまうとそれはレポートではなくただの感想文です。

●感想文はNG!インターンシップに参加して学んだことや得たモノを記載すること

実は企業側は提出されたレポートによって参加者のことを選別しています。
レポートの内容が素晴らしいもの、実際に仕事を体験して何を得て何を学んだのか、自分に何が足りなくてそれを埋めるためには何が必要なのかといった内容のレポートであれば、そのレポートは高評価となり採用の対象となる可能性も高くなると言えます。

インターンシップのレポートの書き方3,期限を守る

インターンシップのレポート提出を企業側に求められた場合、その提出期限は必ず守る必要があります。
基本的にインターンシップのレポートの提出期限は、インターンシップが始まる前にあらかじめレポート提出義務付けられている場合か、インターンシップが終了した時点でレポート提出を求められるかのどちらかです。

●提出期限を守ることは社会人としての常識!

どちらの場合でも必ず期限を設けているはずです。
その期限内にレポートを提出することは、これから社会人になる人間として規則を守れるかどうかにも繋がりますので、あまり速すぎるのも考え物ですが、期限ぎりぎりではなくある程度余裕を持って企業側に送付する必要があるでしょう。

インターンシップ期間中に反省点をメモしておくとレポートの作成がスムーズに!

インターンシップのレポート提出によって、内定に一歩前進する場合もあります。
これはインターンシップのレポートの内容だけでなく、実際のインターンシップでの態度なども大きく影響してきます。
やはりインターンシップでの態度や評価に加え、レポートの出来も良い場合には企業の目に留まる可能性が高くなります。

そのためインターンシップ自体を頑張るのはもちろんです。
その後のレポートのことも考えて失敗した点やこれは良かった点などを、インターンシップの期間中に毎日メモに残しておく、インターンシップが終わった夜に自分で反省点を挙げてみるといった作業も必要となるでしょう。