インターンシップの体験談を聞く時のポイントについて | 新卒就活.com

2016/09/07更新

インターンシップの体験談を聞く時のポイントについて

インターンシップの体験談を聞く時のポイントについてご紹介します。
インターンシップの体験談を聞くことはとても有意義です。
先輩を通じて話を聞いたり、先にインターンシップに参加した友人から話を聞くのも良い手段だと思います。
ですが体験談を聞く際には注意点があるので、押さえておきましょう。

インターンシップに参加するべき理由とは

sidewalk-657906_640
就職活動においてインターンシップへの参加は企業の内定への近道とも言われていますから、参加が可能であれば是非参加をしたほうが良いといえます。
しかしインターンシップといってもその内容は様々で、いざ参加してみたら思っていたのと違っていたとか、内容がいまいち理解できないままインターンシップが終了してしまったということも考えられます。

●インターンシップの内容を把握することができる

そうならないためにはまず参加するインターンシップが実際にはどのようなものかを知る必要があり、それを知るために役立つのが先輩などのインターンシップ体験談です。
実際にインターンシップに参加した人の体験談を聞くことで、事前にインターンシップの内容なども把握できるため、出来るだけ体験談は聞いておいたほうが良いといえます。

インターンシップの体験談を聞くメリットとは?

インターンシップの体験談は、実際にインターンシップに参加した人が感じたこと、その内容などを教えてくれますから、生の声を聞くことができるため非常に有意義だといえます。
インターンシップに参加する前に体験談を聞くことにより、自分がインターンシップに参加した場合に何に注意をすればよいのか、どういったところに力を入れればいいのかといった問題点やアピールポイントも見えてきます。

●自分がインターンシップに参加する際に気を付けるべき点や対策を講じることが可能

事前に内容をある程度把握できていればそれに対する対策を講じることも可能になります。
そのため体験談を聞く場合にはそこから学べるものは全て学び取るくらいの気持ちで話を聞くほうが良いでしょう。

インターンシップの体験談を聞く時の注意点

インターンシップの体験談を聞く場合、その内容の中でも特に失敗談を聞くことは重要になるといえます。
企業のインターンシップではその働きもチェックされている場合が多いため、体験談での失敗談を聞くことは自分が失敗しないためにはどうすればよいのかのヒントとなり得ます。

失敗談をきくこと!自分がそうならないよう改善策を練ることが重要

そのため成功例を聞くよりも失敗について聞くほうが得られるものが大きいといえるでしょう。
成功例はその人の能力によるところも大きいですが、失敗談に関してはどういったことが失敗に繋がるのか、何が問題で失敗したのかといった問題点を浮き彫りに出来ますので、聞くのであれば成功よりも失敗談のほうが良いでしょう。

インターンシップの体験談は鵜呑みしない!自分で活かせる部分を見つけること

インターンシップの体験談は聞くことで様々な重要な情報を得ることが出来ますが、インターンシップの体験談をそのまま鵜呑みのしてはいけません。
なぜなら、その体験談はインターンシップに参加した先輩などの体験談であって、自分自身の体験ではないからです。

先輩と自分ではまず性格も長所も短所も違いますし、アピールできるポイントも全く違います。
そのため体験談を聞いてそれと同じことを行なっても意味がありませんから、
体験談を鵜呑みにするのではなく、一つの情報として自分の中で整理して、それをどのように活かせて自分のものとしていくかが重要になるといえます。
体験談を真似するのではなく、アドバイスとして利用すると容易のではないでしょうか。