インターンシップの倍率は?選考突破のポイント | 新卒就活.com

2016/09/06更新

インターンシップの倍率は?選考突破のポイント

インターンシップの倍率はどのくらいなのでしょうか。さらに、インターンシップにおける選考突破のポイントをお教えします。選考を突破するためには、高い倍率を勝ち抜かなくてはなりません。そのためにはどのようなポイントがあるのでしょう。就活生は今すぐ確認です。

インターンシップの倍率は上昇傾向にある!!

entrepreneur-593371_640

企業が実施しているインターンシップは、事前にその企業の業務を体験できるため、非常に人気が高く参加者も多い制度です。
特に夏に実施されるインターンシップに関しては、最後の体験チャンスということもあり年々参加者が増加傾向にあり倍率もどんどん上昇していると言われています。

~人気企業の場合には異常な倍率になることもある!!~

特に人気の高い企業の場合、倍率が異常な高さになることも予想されますので、インターンシップに参加するほうが実際のエントリーよりも難しいという場合もあるようです。

しかし、インターンシップに参加することは無い低への近道と言われていますから、更に倍率が高くなっていく可能性もあるわけです。

インターンシップの倍率に勝ち残るための方法とは?

インターンシップの倍率が高い場合、自分の希望する企業のインターンシップに参加できない可能性も出てきます。

インターンシップに参加するためにはエントリーシートの提出が必要ですし、企業側もそのエントリーシートを元にして参加者の選別を行うことになります。

~エントリーシートの内容に注力すれば倍率の高いインターンシップで勝ち抜ける~

そのため倍率が高い場合に選ばれる参加者は、エントリーシートにどこか光るものが感じられる人が多いです。
とりあえずエントリーしたと言った内容の人は企業の目にも止まり難いですから、もし倍率が高い場合にはエントリーシートの内容にも注意してエントリーを行う必要があるのではないでしょうか。

インターンシップ参加の場合には複数社のエントリーをすること

インターンシップの倍率が高すぎる場合、希望した企業のインターンシップの選考に漏れてしまう可能性が極めて高くなると言えます。
しかしインターンシップの選考に倍率が高すぎて漏れても、それでその企業に就職出来なくなるわけではありません。

~インターンシップで大事なのは希望業種の仕事を経験すること~

重要なのは、自分が進もうとしている業種がどのようなものかを身を持って体験し知ることにありますから、倍率の高い企業のインターンシップだけでなく、色々な企業のインターンシップにエントリーして体験をしてみることが重要となります。
インターンシップでの経験は、必ず面接時に生きてくることになりますから、倍率の低い企業のインターンシップに参加することは決して無駄にはなりません。

インターンシップで重要なのは倍率ではなく希望業種を経験できること

インターンシップの倍率が高い企業はもちろん人気のある企業だと言えますが、インターンシップで重要なのは倍率ではありません。
例えば100人インターンシップが可能な企業と、20人しかインターンシップが可能でない企業では、その時点で5倍の倍率の差があるわけですから、倍率が高い=人気があると言えない場合もあるわけです。

大手企業の場合は確実に倍率が高くなる傾向にありますが、インターンシップに参加できる人数も倍率に関係してきますので、倍率が低い企業でもそれは参加できる人数が多いだけで、決して不人気ではないということもあり得るわけです。

そのため倍率に惑わされず、倍率が低くても自分の希望する業種のインターンシップに参加することが重要だと言えるでしょう。

ぜひ、インターンシップ倍率に惑わされることなく、希望業種のものが開催されていたら参加するようにしましょう。