インターンシップの報告書を書く上でのポイント | 新卒就活.com

2016/09/06更新

インターンシップの報告書を書く上でのポイント

インターンシップの報告書を書く上でのポイントをお教えします。
インターンシップをした後には、企業によっては報告書を書く場合が多いです。しかし、なかなか報告書をうまく書けずになやんでいる方も多いのではないでしょうか。
そんな人のために、報告書を書く上でのポイントをまとめました。

インターンシップは終わったあとが大事!!

entrepreneur-593360_640

憧れの企業でのインターンシップ、慣れないビジネスワークやデスクワークに、疲れた…と足を伸ばしている就活生も多いかもしれません。
インターンシップは参加すれば良いもの…というわけではありません。

~インターンシップで働いていた自分を客観的に分析するのがマスト~

就職課などに対して「企業先でこのようなインターンシップをおこなってきました」というインターンシップ報告書を、提出しなければならない義務もあります。
インターンシップ報告書をしっかり作成することによって「長いインターンシップの間に、どんなコトを学べたのか」「働くまえと比べて、自分の気持ちにどんな変化があったのか」などを客観的に分析することができます。

インターンシップの報告書を書く前には項目をチェックすること!!

インターンシップ報告書は、企業でおこなった研修内容を第三者にわかりやすく見せるために書くもの。
インターンシップ報告書をシッカリ正しく書くことで、自分自身の反省や気づきを得るヒントにもつながります。
報告書には「研修をうけた企業名」「部署名」「自分の名前」「研修期間」を正式名称で記載しましょう。

~特に業務内容は具体的に記述することがオススメ!!~

また
「業務内容」は具体的に記述することがオススメです。「営業担当者とクライアントの挨拶まわりに同行した」「販売戦略会議に参加をした、最終日には企画をまとめて、社員の方の前で発表をした」「イベント会場の設置を実際に手伝った」

など、誰とどんな作業をおこなったのか、ハッキリ書くと良いと思います。

インターンシップで得た感想・特記事項は丁寧に書くこと!!

インターンシップ報告書を書くうえで、一番丁寧に書きたいことがあります。
それは、どのようなことを感じたのか、自分なりの意見をプラスする「感想や特記事項」の項目です。

~どんな観点に気付き考えるヒントを得たのかを必ず書くこと~

「企業の広報課で研修をおこないました。華やかな職種に憧れていましたが、マーケティングや細かいゲラのチェックなど、丁寧で着実な仕事の多さに驚きました」「不動産販売の営業職の研修を受けました。一人よがりではなく、クライアントの声にしっかり耳を傾けることの必要性を実感しました」

など、インターンシップ報告書では、目と耳をつかい、どのような観点に気づきやヒントを得たかが一番大切です。

インターンシップ報告書を書く上では分析することが「就活力」を上げる!!

インターンシップ報告書は、慣れない作業ということもあり、多くの就活生が正直面倒と感じてしまう書類です。
けれどもインターンシップ報告書は、「将来大きくなる魔法のタネがたっぷり詰まった書類」でもあるのです。

そこにどんな水をまき、実りある「就活スキル」に成長させることができるかは、あなた次第です。
研修内容をシッカリ見つめ直し「どのような気づきや発見を得たのか」「どんなスキルを得ることができたのか」業界や仕事分析とともに、自己を発見していく高いスキルが求められます。ぜひ、インターンシップで得たことを分析してしっかりとした報告書を書きましょうね。