インターンシップの応募数に関する注意点 | 新卒就活.com

2016/09/20更新

インターンシップの応募数に関する注意点

インターンシップの応募数に関する注意点についてご紹介します。
企業の業務内容や実際の仕事を知る上でも非常に重要だと言えるインターンシップですが、一体どれくらいの応募数があれば良いものなのでしょうか。
多すぎても少なすぎてもダメだと言えますので、インターンシップの応募数はしっかりと考える必要があります。

インターンシップの応募数が少なすぎる場合

architecture-908131_640
インターンシップの応募数が1社のみといった少ない数の場合、これは非常に視野を狭めてしまう結果に繋がると言えます。
基本的に同じ業種の企業であればどのインターンシップに応募してもあまり変わり映えしないのではと考えて、本命の企業のインターンシップのみに絞る人もいるようですが、実際には企業ごとにインターンシップの内容は大きく違うと言えますし、企業によって特色も違うと言えます。

●狭い視野の就職活動になってしまう!複数応募しておこう!

その為1社のみの応募数でインターンシップを終えてしまった場合、その1社だけのことしか知らないまま就活を進めることになるため、他社のことが全く分からないまま非常に狭い視野での就活となってしまうわけです。
これは自ら可能性を排除していることに他なりませんので、1社だけでなく複数の応募数が必要だと言えるでしょう。

インターンシップの応募数が多すぎる場合

では逆にインターンシップの応募数が多すぎる場合にはどうでしょうか。あの企業のこともこの企業のことも知りたいと言うことは非常に素晴らしいと言えますし、色々な業種のインターンシップに参加して自分の適性に合った仕事を探すと言うことも素晴らしいことだと言えます。

●インターンシップに時間がとられてしまう!適度な応募数に絞り込むのが適策

しかしインターンシップの応募数があまりにも多すぎる場合、就活前の限られた時間を全てインターンシップに費やしてしまうことになるため就活の準備が出来ない、時間が足りない、応募数が多すぎてインターンシップに追われるということにもなりかねません。
何より多すぎる応募数は結果的に企業を絞りきれないという恐れもありますし、業種を決めかねるということにも繋がります。
そのためあまりにも応募数が多すぎるのも考えものだと言えますので、適度な応募数に絞り込んでインターンシップに参加するほうが良いとえます。

適性なインターンシップ応募数とは?

インターンシップの応募数が多すぎても少なすぎても就活に何かしらの影響が出てしまいます。
では適正な応募数とはどれくらいが良いのでしょうか。
これは業種などで多少の違いはありますが、最低でも2つ、出来れば3つのインターンシップへの参加が望ましいと言えます。

この3つはパターンがあり、
1つめは短期・中期・長期のインターンシップにそれぞれ参加してみるパターン、
2つめは業種の違うインターンシップに参加してみるパターン、
3つめはそして業種を決めて同じ業種の企業3社程度に参加してみるパターンです。

●2、3社が無難な数!就活の準備に影響がでない応募数にしよう

短期・中期・長期への参加は短期のインターンシップで企業を知り、中期のインターンシップで業務を知り、長期のインターンシップで自分を試し仕事の流れを知ることが出来ます。
他業種3社の場合は色々な業種のことを知るために役立ちます。
そして業種を決めての3社の場合は同じ業種でも企業によって違いがあることを知り、自分に合った企業選びに繋がります。
その為多すぎず少なすぎずの3つの応募数が適正だと言えます。
もちろん余裕があれば更にインターンシップ応募数を増やしてもOKですが、就活の準備に影響が出ない程度に留めるようにしましょう。

インターンシップの応募数は就活の準備に影響が出来ない程度が適切!

以上、インターンシップの応募数に関わる内容をご紹介していきました。
インターンシップの応募数は多ければ良いわけではありませんし、初めから少なすぎるのも問題と言えます。
就活の準備に影響が出ない程度の応募数が適性と言えます。
そのため自分が動ける時間を計算し、それに見合った数のインターンシップ応募数にすることが重要だと言えるでしょう。