インターンシップの流れで押さえるべきポイント | 新卒就活.com

2016/09/15更新

インターンシップの流れで押さえるべきポイント

次々とインターンシップを取り入れる企業が増えており、学生側もそれをうまく利用しています。
一方で、情報が少なく、インターンシップの流れが掴みきれない初心者もいます。そんな人の為に、インターンシップ参加のための基本的な流れを解説します。

インターンシップのポイント1,エントリー

KAZ85_P7140879-thumb-815xauto-12445

インターンシップの流れは最初に受け入れ企業を見つけることから始まります。
インターンシップの導入が進んでいるとはいえ、まだ学生の受け入れ態勢が整っていない企業や、企業体力として人を抱えるのも難しい企業もあるのです。
受け入れ時期も問題で、随時受けている企業もあれば、一時期にまとめて受け入る形の企業もあります。

~希望企業が決まったら早めにエントリーシートを送ること~

受け入れ企業は大学側で発表する場合や、専門のサイトで調べることが主流です。
希望企業が決まったら、エントリーシートを送る事から始まることが通常です。
人気の高い企業はそれだけインターンシップの応募も殺到するからです。
この際はエントリーシートの内容によって受け入れの可否が決まる場合があります。

最初の流れは、受け入れ企業を探し、エントリーすることからなのです。

インターンシップのポイント2,真剣な取り組みが評価対象

インターンシップは企業により受け入れ期間が異なり、一日だけの体験的な物から数週間にわたるものまで様々あります。
また、勤務時間や日数によって給料も発生します。その分仕事を任せされる可能性もありますが、真剣に取り組むことが重要です。

本命の企業であれば、就職が決まる前でも社内での評価をあげておくに越したことはないのです。

~インターンシップの受け入れ条件・労働時間は確認すること~

そのため、インターンシップの受け入れ条件や労働時間などはきちんと確認する必要があります。
インターンシップ終了後にそのまま、就業希望者として就職試験にエントリーする流れとなる企業もありますが、全く違うスタンスの企業もあります。
条件は企業によって異なるため、エントリーシートを送る前に流れを確認することも重要なのです。

インターンシップのポイント3,紹介業者を活用

自分でインターンシップ受け入れ企業を探してエントリーするのが通常の流れですが、近年は紹介業者も増えています。
紹介業者はインターンシップ希望者の情報登録を行い、それにマッチングする企業を紹介することによって報酬を得るビジネスを展開しています。
就活生は生涯業者に希望する企業の業種や、条件などを提示し、プロフィールなどの登録をするだけで、紹介業者がインターン受け入れ企業を探してくれるため、探す手間が省けるのがメリットです。

~業者経由でしかインターンシップの受け入れをしない企業もある~

また、業者経由でしかインターンの受け入れをしない企業も有るため、ぜひ使いたいシステムと言えます。
実際に紹介が成立し、インターンシップ受け入れが成立すれば、報酬を支払って受け入れ先企業でインターンシップを受ける流れとなります。報酬の支払いは企業側で行い、就活生には負担がかからない場合もあります。

インターンシップはエントリーし採用されたら真剣に取り組むこと!!

インターンシップの受け方には様々な流れがあり、それぞれにメリット、デメリットがあります。
どれかに偏るのではなく、双方のメリットを取り込んでいくこともポイントと言えます。

エントリーをするためには、早くエントリーシートを添付することが重要です。紹介業者を利用するのも良いでしょう。
多くの手段を持つことは、それだけ選択肢が増えると言う事であり、可能性や未来に繋がると言えるのです。