インターンシップの目的と企業のメリットとは | 新卒就活.com

2016/09/15更新

インターンシップの目的と企業のメリットとは

インターンシップは当然、学生も企業も目的があって行うものです。
ここでは企業の目的とメリットについてまとめてみました。
インターンシップに参加する上で、企業の目的を把握しておくのは意外と重要です。就活生としてどう動くべきなのか知るために参考にしましょう。

インターンシップを行う企業の目的1,採用時のリスク軽減

bench-185234_640
就活生としてインターンシップに参加する際、企業の目的を把握した上で行動していますか?
企業側が何を思いインターンシップを行っているのか、理解した上でインターンシップに参加するようにしましょう。
就活をしていく中で、意図を汲み取りつつ動いていく考え方はとても大事です。

~試しに働かせてみて就活生の能力を判断する~

採用面接の際に「デキる人材」と思って採用したら、実はそうでもなかった・・・。
そういったリスクは企業の人事からしたら拭いきれないものです。

そのため、本来であれば1週間であっても「試しに」働かせてみたいと思っているのが企業側の本音です。
採用時の手間や人件費だって小さいものではありません。
直接内定につながるケースも多いインターンシップは、まさにその目的にぴったりなのです。

インターンシップを行う企業の目的2,優秀な人材の発掘

そういった「試しに」働かせてみたい目的に加え、そのインターン生が優秀かどうかも推し量ることができます。
企業にとって有益な人材か、続けていくことのできる人材か、などです。
つまり、インターンシップというのは事実上の選考試験のようなものでもあるのです。
軽い気持ちでインターンシップに参加するのではなく、このあたりの目的も汲み取って行動するようにしましょう。

~インターンシップは宣伝活動の一環!イメージアップを図る~

また就活生、もとい学生たちのネットワークは意外と大きいものです。
そのため、インターンシップに参加させ学生たちに情報交換をさせることで、企業にとって「印象UP」や「候補生の幅を広げる」といった目的をもかなえることができるのです。
ある意味、宣伝活動にもなるということですね。

インターンシップで得られる企業のメリットとは?

前述の目的に加え、インターンシップを行うことで実際の業務にもメリットが生まれます。
就活生側としても「社会経験ができる」「選考を有利に進められる」などのメリットがありますが、企業としてはどうなのでしょうか。

~業務を手伝ってもらう=仕事の一部を任せられる~

企業もボランティア活動をしているわけではありません。
そのため、ただインターン生の教育をしてくれるだけではなく、業務の補助的なところを手伝ってもらえる、という旨みが当然ながらあるのです。
もちろん実際の業務に携わるわけですから、叱られたり檄を飛ばしてきたりする場合もあります。

インターンシップに参加する際は企業の目的に添って行動すると有利!

インターンシップを行う企業の目的についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。
ただ何とはなしに周囲の友だちを真似てインターンシップに参加するのでは意味がありません。
貴重な時間を無駄にしないためにも、こういった目的を把握した上で行動することをおすすめします。
インターンシップをはじめ、面接なども含め、企業側の意図を汲み取りつつ就活していくようにしましょう。