インターンシップの面接で絶対に採用される方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

インターンシップの面接で絶対に採用される方法

インターンシップの面接で採用されるための方法をご紹介します。
インターンシップには、参加するだけで大変なところも少なくありあせん。
ですが、参加することにより間違いなく選考に対して有利になりますから、インターンシップの面接でも採用されるようにしていきたいですよね。

インターンシップで採用される方法1,他社との差別化を図る

hand-819279_960_720
インターンシップの面接で採用されるためには、他ではダメな理由を説明するというのが大切になります。
実際の就活の面接でもそれは言えることですが、差別化を図るということがすごく重要なのです。差別化しないと「ほかでも良いじゃん」と思われてしまい、あまり熱意が伝わらないのです。
ですから、インターンシップの面接で採用されるためには必ず他ではダメな理由を説明するようにしてください。

●徹底的な企業研究が必要!

他ではダメな理由を説明するためには、他に企業についてもきちんと調べていく必要があります。
ですから、その企業について調べるというだけではなく、他の企業についてもきちんと時間をかけて調べていきましょう。
そうして差別化ポイントを見つけていってください。

インターンシップで採用される方法2,採用するメリットを呈示する

インターンシップはいろいろと教えてもらえるところです。ですが、教えてもらうという意識だけが強すぎると、相手にとってあまり魅力的には思われないことが多いです。
しかし、そこできちんと提供できるものをアピールすることで、魅力的に思われるようになり、インターンシップの採用面接で採用される可能性がかなり高くなるでしょう。

●仕事で活かせる自身の強みをアピールしよう!!

そのインターンシップのプログラムやインターンシップの期間中の業務内容をしっかりと確認し、そこで活かせる能力について良く考えてみてください。
そうしてたくさん必要な能力を見つけたら、あとはその中で自分にあるものをアピールするだけです。
そうして的確にインターンシップの採用を近づけていきましょう。

インターンシップで採用される方法3,将来のビジョンを明確にする

インターンシップの採用の面接では、将来どういう風なっていたいかというキャリアプランについて聞かれることが多いです。
それにきちんと答えるためには、自分の夢を明確にしておく必要があるでしょう。
しっかりと将来のことが考えられている人と、何も考えていない人とでは、前者の方の参加してもらい、意義のあるものとしていってほしいと考えるものです。ですから、将来についてきちんと考えることはすごく大切です。

●企業を絡めない方が良い!!

ただ、将来どうしたいかというところに、あまり企業をからめる必要はないでしょう。
インターンシップの採用の面接の段階で「御社の●●という業務で○○年間勤め、その後は○○の業務に関わり…」と言うように企業に絡めて説明しても、インターンシップに参加する必要がないように思われてしまいます。この段階ではなるべく企業を明確にしないように夢を語れると良いでしょう。

インターンシップの面接でも採用されるためには仕事に活かせる能力をアピールすること!

以上、インターンシップの面接で採用されるためのコツのご紹介でした。
これらコツを参考にしていけば、無事にインターンシップに採用される可能性も高くなります。
ぜひこれらを意識して、倍率に高いインターンシップも勝ち取っていってください。