インターンシップの面接で聞かれる質問の答え方 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

インターンシップの面接で聞かれる質問の答え方

インターンシップの面接で聞かれる質問というのは企業によって様々ですが、おおよそ決まっている内容があります。
その答え方にもコツのようなものがあります。それを知っているのといないのではインターンシップの面接で大きな差となるでしょう。
では、インターンシップの面接で聞かれる質問と答え方を紹介します。

インターンシップの面接で聞かれる質問1,なぜ当社をインターン先に選んだか

smile-122705_960_720
インターンシップをしている会社なんて色々とありますから、この「なぜこの会社でインターンシップをしたいのか」という質問は、面接で必ず聞かれます。
それだけこの質問は重要だということです。ではどうすればその重要な質問に良い答えを出すことができるでしょうか。
そのために必要なことは他社との差別化です。

●他のインターン先でダメな理由を述べて差別化を図ること!

差別化をすると、自然となぜその会社をインターン先に選んだのかが説明できるようになります。
その差別化をするために必要なことは、他のインターン先ではなぜダメなのかということを伝えることです。
それをすることで差別化になります。ですから、インターンシップの面接を突破したいと思うのであれば、他社ではダメな理由を説明できるようにしておきましょう。

インターンシップの面接で聞かれる質問2,当社に入社する予定はあるか

インターンシップの面接では、当社に入社する予定はあるのかということも聞かれます。
この質問ではもちろん単純に会社への熱意を知りたいという意図があります。ですから基本的には、入社したいと思っているということを伝えるようにすると良いでしょう。
ただ、それだけでは弱いです。それだけでなく、それの証明を付け加えると尚良いですね。

●入社する意欲だけでなくインターンで確かめたい事柄も告げると信憑性が増す!

入社したいと思っていますとだけ答えるのではなく、「入社したいと思っているので、インターンシップでこんなことが確かめたい」というように、付け加えるとより信憑性が増しますし、インターンシップに参加したいという強い意志も感じて印象が良くなります。
ですから面接でのこの質問にはそういう答え方をしていくと良いでしょう。

インターンシップの面接で聞かれる質問3,今までに一番がんばったことは何ですか?

シンプルに、人となりを確かめるような質問も、インターンシップの面接ではよく聞かれます。
今までに一番がんばったことを確認して、困難に直面したらどうするのかなど、社会人になる上での基本的な能力について確かめようとしているのでしょう。
それが分かれば、面接でのこの質問への答え方も簡単に分かります。

●困難なことを工夫して乗り越えた経験を語ると好印象!

インターンシップの面接でがんばったことを聞かれたら、今までに頑張った話の中で、「こんな課題があって、こんな苦労をしながらこんな工夫をして、それをどういう結果にしたのか」ということを答えるようにすれば良いのです。
すると問題解決能力が伝わり、印象が良くなることでしょう。なるべく具体的にそれを答えるようにしていってください。

インターンシップの面接では社会人に必要な能力が備わっているのか試される!

以上、インターンシップの面接で聞かれる質問とその答え方のご紹介でした。
インターンシップの面接ではこれらの3つの質問はまず聞かれます。
本文中でも触れましたが、よく聞かれるということはそれだけ重要度も高い質問だということなので、こうしてツボをおさえた答え方をして、印象を良くしていきましょう。